「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 東京の中小企業の景況感、前期比12.8ポイントと大幅に改善−中小企業の景況感に関する調査(4〜6月期)(東京商議所)

東京の中小企業の景況感、前期比12.8ポイントと大幅に改善−中小企業の景況感に関する調査(4〜6月期)(東京商議所)

東京商工会議所は、「中小企業の景況感に関する調査」2022年4〜6月期の集計結果をとりまとめ、発表した。
 
調査期間:2022年5月16日(月)〜26日(木)
調査対象:東京23区内の中小企業2,783社(回答数:1,087社(回答率39.1%))
 
【結果のポイント】
◆業況DIは前期(2022年1-3月期)と比べ、12.8ポイント改善の▲8.6となった。前期の業況の悪化から一転し、改善に転じた。マイナス圏とはいえ、一桁台となるのは、2018年10-12月期ぶり。2022年1-3月期における来期の見通し▲13.3を4.7ポイント上回り、事業者が想定していた以上の改善が見られた
 
◆業種別では、小売業が19.9ポイント改善の▲17.6、サービス業が18.3ポイント改善の▲7.3、卸売業が15.2ポイント改善の6.7となるなど、4業種でDI値が改善した。外国人観光客の入国規制緩和に期待する声もあるが、来期見通しは0.1ポイント悪化の▲8.7を見込む
 
◆新型コロナウイルスによる経営への影響について、「経営への影響が続いている」は前期比4.1ポイント減少の64.2%となり、「今後マイナスの影響が出る懸念がある」は19.6%となった。中小企業の“生の声”として、「1-3月はまん延防止等重点措置の影響が百貨店・小売店で出て商況は厳しかったが、4-6月は多少復調の兆しがある。但し、コロナ前の水準には戻っていない(卸売業・食器、家庭用品)」などがあがった
 
◆2021年度に設備投資を「実施した」と回答した企業の割合は、前年度(2020年度)と比べ3.9ポイント減の35.4%となり、「実施しなかった」は3.9ポイント増の64.6%。2022年度に「実施する」と回答した割合は前年度と比べ4.3ポイント増の41.9%となり、「実施しない」と回答した割合は0.4ポイント減の38.3%となった
 
◆ロシアによるウクライナ侵攻の経営への影響は、「現在影響がある」と答えた企業が27.1%、「現時点では影響はないが、先行きに懸念がある」と答えた企業が42.3%、「影響はない」と答えた企業は15.4%となった
 
 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第75回「簡単にだまされた人たち」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

人材育成のツボ

[研修は1つの物語だ〜ストーリー仕立てに研修を作ることの大切さ〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

おさえておきたい人事労務トレンド/飯塚知世

[第3回「HRテック導入する〜入社手続き編〜」]
人事労務に関わる業務で、知っておきたいトレンドやこれから注目されることなどについて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook