「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第42回「危険運転をする人たち」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2019年9月26日)

< 1 2 >

 あおり運転や危険運転による事故が社会問題になっている。道路で車を止めさせ、難くせをつけたり、運転手を殴ったりする人がいる。なぜ、こんなことが起きているのだろうか。

 

 

私の経験

 

 車で走っていて、交差点で止まったときだ。隣の車から男が出てきて、いきなり怒鳴り始めた。どうやら、彼の車を追い抜いたことが気に入らなかったようだ。男は私の車の窓をたたき、「窓を開けろ」「出てこい」などと怒鳴っている。私は「またか」と思って相手にせず、信号が青に変わったので車を発進させた。バックミラーを見ると、男は私の車に向かって何か叫んでいた。
 どんな人も運転していれば、あおり運転に遭遇することがあるだろう。最近は、そういうことが増えている。

 

 

 

 

 

敵意帰属バイアス

 

 夜の歓楽街などで、昔から見られる犯罪行為がある。肩が当たったなどと難くせをつけ、金を巻き上げる恐喝だ。気が弱そうな人を狙う卑劣な犯罪である。

 

 あおり運転や危険運転をする心理は、この構造に似たものがある。彼らには「敵意帰属バイアス」がかかり、偶然の出来事を自分に向けられた敵意と思い込む思考のゆがみがある。自分の車が追い越されたことに怒りを感じ、あおり運転を始めるのだ。ごく普通に歩いている状態と違い、車では自分の顔が相手に見えないことが、怒りや行為を助長させる。

 なぜ、このようなゆがんだ感情が生まれてしまうのだろうか。

 

 

脳の異常

 

 犯罪者の脳を解剖したら、腫瘍があり、器質的異常から攻撃的になってしまうという報告がある。また、筆者は過去にキレやすい患者の脳波から、テンカン波が出現していたのを確認したことがあった。脳が一時的に興奮してしまい、自分では抑えられなくなってしまうのだ。

 

 ごく普通に暮らしている人の中にも、脳の器質的異常や機能的異常があり、ささいなきっかけでキレてしまう人がいる。男性ホルモン(テストステロン値)が多く分泌されると、攻撃的になるという報告もある。攻撃性を抑制する脳の著しい機能低下も考えられる。

 

 少しでも思い通りにならないとキレてしまう人は、依存・攻撃的タイプの人間の可能性もある。まるで不機嫌な幼児のようだ。幼児は脳が未成熟なので仕方がないが、大人であまりにも自己中心的な人は、人格障害の疑いがある。生育過程に不適切な養育があった可能性が高く、虐待もその1つだ。

 

 

>>>次ページに続く

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

 


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook