「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標/河田俊男

第73回「暴君になった男」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2022年4月19日)

< 1 2 >

 職場に暴君のように振る舞う人はいないだろうか。彼らは気に入らない人を平気で排除し、パワハラやセクハラなど物ともしない。そんな人が身近にいたら精神的な苦痛を受けるだけでなく、人生までも奪われてしまいかねない。

 

 

人が変わった

 

 45歳の洋二は印刷会社に勤務し、営業部長をしていた。印刷業界はコピー機の普及やIT化の影響で厳しい状況に陥り、新しい事業を模索する中、パソコンに詳しい彼は会社を建て直す役割を担うことになった。洋二が中心となって進めて再建策はうまくいき、その功績が認められて社長になった。従業員は80人程度の中小企業だが、一国一城の主だ。

 

 洋二は古参の役員を適当な理由をつけて排除し、気に入った人だけをそばに置いた。ほかにも公私混同と言えるような人事やハラスメント行為を行い、支配者のように振る舞った。かつては温厚で人あたりのいい性格だったが、変わってしまった。

 

 

 

 

会社を支配する

 

 洋二は人の弱みを見つけて利用した。3人の子供と家のローンも抱えている従業員の給料を上げ、子供にお菓子をプレゼントするなどして懐柔し、リストラの手伝いをさせた。また、従業員同士を相互に監視させた。自分や会社の悪口を吹聴していないか、確かめるためだ。限界まで働くことを求め、過重労働もさせていた。文句を言ったり、反発したり、結果を出さない従業員は退職に追い込んだ。その一方で、大きな仕事を次々に成し遂げ、会社の業績を上げていった。

 

 そんなある冬の寒い朝、洋二は会社のトイレで死んでいた。大動脈溜破裂による突然死だった。彼はいつも朝早く出勤し、その日のスケジュールを考える習慣があった。

 

 

複雑な生い立ち

 

 5人兄弟の3番目に生まれた洋二は父親から虐待を受けたことで、誰も信頼できない人間に育った。学校を卒業して会社に就職すると、友人から紹介された女性と結婚し、子供ができた。だが、育てるのが面倒なので家に帰らなくなり、離婚した。

 

 社長になってからは性的な能力を高める薬を多用し、複数の外国人女性と関係を持っていた。胸部大動脈の破裂の原因には、薬物が影響している可能性があった。彼は、日本語がうまく話せない外国人女性を好んだ。会社では暴君だが、彼女たちの前では子供のように振る舞っていた。

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マネジャーの仕事/田中和彦

[第35回「男性部下からの育休申請に、どう対処すればいいか?」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

判例に学ぶ労使トラブルの処方箋/岡正俊

[労働条件通知書の記載と職種限定契約〜K事件(京都地裁平成30.2.28判決、労判1177号19頁)〜]
近年、労働関係の訴訟は社会的関心が高まり、企業にとって労使トラブル予防の重要性は増しています。判例をもとに、裁判の争点や予防のポイントなどを解説します。

時事トピックス

[一般労働者の平均賃金は月31万8,300円、30年ぶりの高水準]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどをピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook