「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第117回「“夫婦でリモート”の落とし穴」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。(2022年10月27日)

< 1 2 >

「最初のころは、『2人で過ごす時間が増えてラッキーだね』なんて、話していたんです。けれども次第に、夫婦そろってのリモートワークはしんどくなってきました」

 

 勤務先がIT企業ということもあって、コロナ禍の初期からフルリモート勤務をしていた田辺健二さん(38歳)。その後、出版社に勤めるパートナーも、次第にリモートワークの回数が増えていったという。
 当初は一時的なものかと思っていたので、パートナーがリモートワークの日は2人そろってリビングで仕事をしていたという田辺さん。コロナ禍前だったらあり得ないシチュエーションを楽しんでいたそう。

 

「一緒にランチを食べたり、気分転換にウォーキングをしたり、仕事後にネットで映画を観たりと、新鮮さもあって楽しく2人で過ごしていたんです。ところがそういった生活に慣れてくると、次第にデメリットを感じるようになっていきました」

 

 

 

 

 ここ1年ほどは、田辺さんのパートナーもほぼフルリモート勤務状態。フルリモートになってから田辺さんはベッドルームで、パートナーはリビングの机で仕事をするのが日課になった。パートナーはリモートでの取材や会議の回数が多いらしく、その声が気になって仕事に集中できなくなっていったという。

 

「自分の前では見せない仕事上での妻のキャラクターを知ることができ、最初はそれもおもしろく感じていたんです。けれども、こちらが締切に追われているときに楽しそうな笑い声が聞こえると、だんだんイラつくようになってしまいました」

 

 また、パートナーがリビングを占拠していることから、何かと気を使うことも増えたという。自分の仕事が早く終わったとしても、リビングでくつろぐことができず、ベッドルームにこもって動画サイトを観て過ごしている。

 

「『もうリモート会議はないから、こっちに来て大丈夫だよ』と言われても、隣で真剣にパソコンに向き合う彼女を横目に、テレビを観たりすることもできず…。話しかけるタイミングも難しく、だんだん妻がずっと家にいることがストレスになってきました」

 

 田辺さんによると、パートナーも夫婦そろってのフルリモート勤務に、窮屈さを感じ始めているようだという。

 

「1人で過ごすのが好きな私と違って、妻は社交的なタイプ。たくさんの人とワイワイするのが好きなので、毎日私としか顔を合わせない生活にストレスを感じているんでしょうね。特に、仕事が追い込みのときはイライラしがちで、『今は話しかけないで!』『仕事が終わるまで、リビングに来ないで!』などと、キツイ言葉を投げかけられることもあります」

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[イマドキの若手は何を考えているのか?〜Z世代による、Z世代との関わり方〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第4回「発達障害の可能性がある人がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第100回「やりたい仕事が分からない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook