「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第124回「脳卒中で倒れて〜後遺症と仕事の両立〜」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。(2023年9月28日)

< 1 2 >
「いつも通りの日曜日にいきなり脳卒中で倒れ、それまでの生活が一変してしまいました」
 そう語るフリーライターの荻原あきなさん(仮名・50歳)は、48歳のときに4カ月半の入院を経験。そして、右の手脚が動かしづらいという後遺症が残ったものの、医師の予想を覆す回復を見せた。

 入院当初、「仕事と料理、車の運転のいずれかはあきらめないといけないと思う」と医者に言われた荻原さん。そんな中、懸命なリハビリの甲斐あって、退院後もそれまでとほぼ変わらない生活を送っている。仕事に至っては、入院から3カ月ほど過ぎた頃から病室にパソコンを持ち込み、ディレクターが取材した音声データをもらって原稿を書く仕事をスタートさせたほどだ。





「当たり前ですが、入院した時点でそれまでの仕事はすべてストップ。フリーランスの立場としては、正直キツかったです。ただ時間が経つにつれ、入院中から少しずつ仕事の依頼が舞い込むように。退院してからは、週2〜3回のペースで取材をこなしています」
 脳卒中で倒れたことを知らない仕事仲間に病気のことを話すと、驚かれることが多いという。はた目にはそこまで回復したように見えるが、右半身が動かしにくいだけでなく、以前よりも疲れやすいのだとか。

「あと、倒れる前と比べて歩くスピードはさほど変わらなくなりましたが、階段の上り下りには時間がかかってしまいます。退院から8カ月後には奄美大島に出張に行くなど対面取材もこなしていますが、コロナ禍の影響でリモート取材が増えたのはありがたかったですね」
 体力面よりも大変なのは、取材時のメモだ。荻原さんは右利きだが、入院中に左手で字を書くスキルをマスター。ところが、慣れないこともあって書くスピードが遅くなったばかりか、取材時のメモが読みにくいというデメリットも。かといって、右手で書こうとしても相当時間がかかってしまう。

「不自由な右手と不器用な左手での手書きメモは1年ほどであきらめて、取材時はパソコンでメモを取るようになりました。といっても、左手のみでタイピングしているんですけどね。片手でキーボードを打っていると、あえてそうしているのかと驚かれることもあります」
 両手が使えていた頃と違い、もちろんタイピングのスピードは落ちた。けれども、字を書けるようになったことも含めて、利き腕ではなかった左手のポテンシャルに驚いているという。

「やらなきゃいけない状況に陥ったら、何歳からでも『やればできるんだ』ということに気づかされました。動かすのが大変なうえに体力を消耗するので、もっぱら右手はオブザーバーに徹しています。ただ、パソコン上でできない雑誌のゲラ(校正刷)チェックは今でも一苦労。手書きで取材先からの修正指示などを反映していくのですが、ものすごく時間がかかってしまうんです」
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[イマドキの若手は何を考えているのか?〜Z世代による、Z世代との関わり方〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第4回「発達障害の可能性がある人がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第100回「やりたい仕事が分からない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook