「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標/河田俊男

第91回「隣人の騒音に悩まされて」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2023年10月12日)

< 1 2 >
 生活をしていれば騒音はつきものだ。自宅の隣地でビルの建築作業があったり、マンションに住んでいて近くの部屋でリフォーム工事があれば騒音が出る。しかし、夜中に騒音が続けば、なかなか寝付けず、睡眠不足で日常生活に支障を来すかもしれない。


隣人の騒音

 26歳の茜は警備会社で事務をしているが、パソコン関連の資格を取るための資金づくりで夜、居酒屋でアルバイトをしていた。アルバイトを終えて自宅に帰ると、隣から騒音がしてきた。壁に何かをぶつけているような音で、彼女は気になって眠れなくなった。そこで不動産会社に相談し、対処してもらうことにした。



 不動産会社は、隣人に騒音の苦情が出ているとして注意した。ところが、何度注意しても止まなかった。隣人は男子の大学生のようで「自分の部屋で何をしてもいいだろう。友達と野球を楽しんでいるだけだよ。何が悪いんだ!」と言った。会社は自分たちだけでは埒が明かないので警察にも相談した。

 その後、隣人の親に対応してもらうことになった。親は、彼の言動や行動をみて、心療内科に入院させることにした。


精神を病んだ隣人

 隣人は専門学校に入学したが、数日登校すると不登校になった。その後、徐々に精神を病み、やがて統合失調症になった。彼は自分の部屋で、野球やサッカーをして楽しんでいた。妄想の中で彼は数人のチームに入っていて、部屋の中でボールを投げたり、打ったり、蹴ったりしていた。隣人が入院した後、不動産会社が部屋を入ると、壁が野球ボールの跡などでボコボコになっていた。

 一方、茜は騒音のストレスや恐怖で睡眠障害になり、うつ状態になった。また、聴覚過敏になり、生活音でもうるさく感じて頭痛がするようになった。騒音がなくなってからも症状は続き、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になった。心療内科で治療を受け、少しずつ睡眠障害は解消され、うつ状態も改善していった。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく


●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[イマドキの若手は何を考えているのか?〜Z世代による、Z世代との関わり方〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第4回「発達障害の可能性がある人がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第100回「やりたい仕事が分からない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook