「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人材育成のツボ

医療者教育から一般企業に広がるセルフ・コンパッション

アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。(2024年3月14日)

< 1 2 >
医療者教育から広がったセルフ・コンパッション

 
私が「セルフ・コンパッション」という言葉を知ったきっかけは、2022年10月、介護施設のお客様からのお問い合わせでした。お客様は読売新聞の特集記事をご覧になり、「このような研修ができるの?」ということを尋ねられました。私はすぐにその新聞を取り寄せ、約半ページを使った記事を読んだのが始まりでした。

 この記事を読むと、すでに医学教育や医療現場では、その教育が進んでいるようでした。その後、ポジティブ心理学を専門にされている太田哲二先生に問い合わせし、理解を深めていきました。これからお伝えすることは、太田先生による研修時のお話や、太田先生の著書を一部抜粋しながら書かせていただきます。太田先生の受け売りの部分があることを、予めご了承ください。


セルフ・コンパッションとは?

 
セルフ・コンパッションとは、大切な人を思いやるように、自分自身の痛みや苦しみに寄り添うこと、自分自身に対する思いやりのことです。セルフ・コンパッションの度合いが高い人ほど、不安や抑うつが低い傾向にあり、心理的幸福感や人生に対する満足度が高く、対人関係が良好であることが知られています。日本だけではなく、アメリカやその他の国々でも明らかにされています。





 セルフ・コンパッションを取り入れた教育は、医療現場で数々の成功事例が出ています。例えば前述の読売新聞記事によると、福井県の緩和ケア病棟の看護師の事例が書かれていました。緩和ケア病棟では、死を前にした患者さんの苦痛を見守るため、看護師が受けるストレスが大きい。セルフ・コンパッションを取り入れた教育の効果で、直前のことに引きずられず、目の前の患者さんのケアに集中できるようになったそうです。看護師さんご自身の心が健康でなければ、良いケアはできないということだと思います。


セルフ・コンパッションを高めるには?

 セルフ・コンパッションを高める方法はいくつかありますが、その中の一つ「慈悲の瞑想」についてご紹介します。「幸せでありますように」「健康でありますように」「悩みや苦しみから解放されますように」「穏やかでありますように」「安らいで暮らせますように」といったフレーズを唱えます。まずは自分に向けて、次に大切な人に、特別な思いのない普通に人に、好きでない苦手な人に、生きとし生けるすべての人に、という順に唱えます。

 何か宗教のようですが、その通り仏教伝来の瞑想法です。「そんなので何か変わるのか?」と疑っている方も一定数いらっしゃると思います。私も研修時に実践しましたが、確かに温かい気持ちになるのを実感しました。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>


●文/松嶋清和(まつしま きよかず)
株式会社アイデム 西日本事業本部キャリア開発支援チーム/人材育成・研修プランナー
特定社会保険労務士、メンタルヘルス・マネジメント検定擬
大学卒業後、大手アパレル商社に勤務、全国の小売店との相談・折衝業務に従事する。その後1998年に株式会社アイデムに入社してからは、13年間に延べ3,000社以上の経営者・人事担当者らと面談。求人広告の営業担当として、採用および人材活用に関する提案を続けてきた。2010年11月以降は同社「キャリア開発支援チーム」にて、採用後の人材育成、教育・研修に特化した企画提案を行っている。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[人手不足解消のカギは新人類にアリ?]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

怒りを笑いに変える!クレーム対応/谷厚志

[第2回「限定付き謝罪で落ち着いていただく」]
カスタマーハラスメントに悩まされる企業が増えています。元タレントの異色コンサルタントが、独自のクレーム対応を解説します。

デキル人が辞めない15分マネジメント/岡本文宏

[第2回 離職防止は「まず5分間」話を聞くこと]
マネジメントに時間を取れないプレイングマネジャーに向けて、15分で完結できるマネジメント手法をお伝えします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook