「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第18回「先生になりたい」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

< 1 2 >
●有村響子さん(仮名・35歳・塾講師)


 学習塾に勤務して12年になる有村響子さんは、これまでに辞めようと思ったことは一度もないという。


「うちの塾は正社員が15人いますが、私より社歴が短いのは2人です。学生アルバイトは卒業で辞めてしまうので入れ代わりますが、正社員は定着しています。社員の中にはもともと生徒としてうちに通っていて、大学生のときにアルバイトになり、卒業しても辞めずに正社員になった人もいます」


 辞めない理由は人それぞれだが、全員に共通しているのは「教えるのが好きなこと」と有村さんは言う。


「私が辞めないのは、塾の考え方が自分に合っていることが大きいと思います。就職活動で学習塾を受けましたが、塾によって考え方もやり方もいろいろあります。もし、他の塾だったら辞めていたかもしれません」
 自分で心がけていることもある。職場で腹の立つことがあったら、どうすればそれを解消できるかを考え、ストレスをためないようにしている。


 有村さんが教職に興味を持ったのは、高校生のときだ。世界史を担当していた先生の影響だという。
「授業が面白く、とてもユニークな先生でした。先生みたいになりたいと思うようになり、教職を目指すようになりました。先生とは今もお付き合いが続いていて、私の結婚式にも出席していただきました」


 高校卒業後は教員免許が取得できる大学に進学し、就職も教職に絞っていた。だが、就職活動では苦戦し、思うような仕事に就くことはできなかった。
 大学を出た後は書店でパートをしながら、公立学校の教員採用試験に向けて勉強を続けた。夏にあった試験には合格できなかったが、その年の暮れに転機が訪れる。知人から個別指導の学習塾での仕事を紹介されたのだ。


「書店の仕事は楽しく、続けたい気持ちもありました。でも、人に教えるという仕事がしたかったので、学習塾を選びました」



※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





●取材・文/三宅航太
株式会社アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

はたらくりっぷ

[はたらく権利、はたらかない権利]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。働くことに関する不安や、悩みを解消する知識や考え方などもお伝えします。

ココロの座標/河田俊男

[第56回「孤独死が増えている」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第8回「時間の使い方を見直す」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook