「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

職場のメンタルヘルス/河田俊男

第41回「部下を“心の病”にする上司たち」

職場のメンタルヘルスに関する事例・対策などについて、専門家が解説します。

< 1 2 3 >
 世の中には問題のあるダメな上司が大勢いる。部下たちに居酒屋で愚痴を言われる程度ならまだいいのだが、部下が心の病になったらどうか…。愚痴どころではなく、深刻な問題が待っている。



セクハラ上司


 37歳の智子は自動車販売会社に勤務している。彼女は、大粒の涙を流しながら「私、上司にひどいセクハラをされました」と言う。上司は残業で2人きりになると、体を触るなどのセクハラをしてきた。その行為はすぐにエスカレートし、性的行為を強要しようとした。彼女は必死に抵抗し、なんとかその場から逃げた。その出来事があってから、上司のセクハラ行為が幾度も彼女の脳でフラッシュバックした。朝の通勤途中に気分が悪くなり、出勤できなくなることもあった。

 上司のセクハラ行為を訴えることも考えたが、結果的にはやめた。彼女は勤続15年、慣れた仕事だ。高い報酬を手放すことはできなかった。3年前に離婚して今は独身。マンションのローンもあり、今の生活を失うわけにはいかなかった。しかし、彼女にはつらく長いPTSDが待っていた。

 また、別のケースもある。ヨリーは28歳のフィリピン人で、レストランに勤務して3年になる。日本語も上手で、仕事のできるベテランだ。上司は25歳のイケメンで、誰も見ていないとき、ヨリーの尻を触る。彼女が「キャッ!」と声を上げると、「どうしたの、大丈夫」などと言ってとぼけるのだった。

 ある夜、上司は倉庫に彼女を呼んだ。そこでセクハラ行為はエスカレートしたが、彼女は抵抗した。翌日、ヨリーは店を休んだ。上司に会うことが恐ろしかったのだ。その後、ヨリーはうつ気分になり、出勤できなくなった。



上司の身勝手な妄想


 セクハラをする人間の多くは、身勝手な妄想を楽しんでいる。離婚をして独身になった智子には、「欲求不満に違いない」「声をかけられるのを待っている」「性的行為を強要しても、拒絶しながらも、心の奥底では喜ぶに違いない」などと、自分勝手な妄想をしているのだ。そうして脳の中で繰り返しイメージを展開して、行動に移す。彼らにとっては、セクハラ行為は自然の成り行きなのである。

 こうしたセクハラ上司たちの人格は、自己愛傾向が強い。彼らは無意識に自分を特別な人間と思い込んでいる。また、他人を都合よく利用しても、まったく心が痛まない。仕事では能力が高い場合が多く、プライドも高い。しかし、プライドが傷つくと強い怒りが出て、怒り衝動はなかなか収まらない。彼らに1人で立ち向かうのは気をつけなければいけない。セクハラ行為について直接上司に抗議しようとすると、さまざまな問題が起きかねない。彼らは自分の行為を正当化し、事実を平気で歪曲してしまう。


 また、身勝手な憎しみから、被害者に対してストーカーに変身する可能性もある。だから、専門家に相談し冷静に対処しなければならない。彼らには、なかなか常識が通用しないからだ。自分の人格がゆがんでいるという自覚もほとんどない。セクハラ行為をしたという自責感もないのだ。おそらく、被害者から誘ってきたなどと主張するだろう。彼らは事実をゆがめて、自分に都合よく解釈してしまうのだ。




※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





●河田俊男(かわだ としお)

1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[時給1,000円は高いのか?〜最賃改定、東京・神奈川1,000円超〜]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社GRIT/採用活動は全社員参加 「社員みんなが前向きに働ける職場」をつくる]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

monthly時事トピックス

[同一労働同一賃金、不合理な格差解消「期待する」45%]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook