「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第45回「会社が倒産したとき」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

< 1 2 >
 1年前、勤務先が倒産して会田治さん(仮名・41歳)は仕事を失った。会田さんが勤務していたA社は広告業を営んでいたが、インターネットの台頭で苦戦していたという。
「紙媒体の広告を中心に扱っていたので、近年は厳しい状況が続いていました。辞めようと思ったこともありましたが、最後までいたことで貴重な経験ができたと思います」


 32歳のとき、会田さんはA社に入った。社会に出てから3社目の会社で、じっくり腰をすえて働きたいと考えていたところだった。

「社長が創業者で、社員は20人程度いました。職種は広告の制作です。主な仕事はパソコンを使って広告のデザインをしたり、印刷用の版下を作ることなどです。ホームページの管理などもやっていました」
 会社の状況に問題があることは、入社したときから聞いていたという。


「歓迎会を開いてもらったのですが、その席で会社に対する不満が話題になりました。社長は中小企業にありがちなワンマンタイプで、みんな不満を持っているようでした。これまで働いてきた会社も中小だったので、どこにでもあるような話でしたが、笑えない内容もあったので入社したことを少し後悔しました。ですが、雰囲気は和気あいあいとしていて、人間関係は悪くなかったのでやっていけるなと思いました」

 業績不振が深刻になったのは、倒産の2年ほど前からだった。


「社員同士でも“危ないんじゃないか”という話をよくしていました。一度、不渡りが出たという話も聞きました。結局、デマだったようですが、そんなうわさが出るくらい厳しい状況だったようです」

 最後の1年は社員の退職が相次ぎ、人数がみるみる減っていったという。
「おもしろかったのは、“がんばっていこう”とか“前を向いていこう”などとポジティブな発言をしていた人ほど、先に辞めていったことです。不満を口にしていた人のほうが残っていたりして、さまざまな人間模様を見ることができました。よく言われることですが、人を見るときは言葉ではなく行動で判断する、ということが身にしみて分かりました」


 倒産の数カ月前は給料も遅れ、さすがに会田さんも退職を考えた。だが、考えた末、残ることにした。

「最後までいようと思った理由は3つあります。1つ目は倒産してからのほうが、転職活動をしやすいと思ったことです。2つ目は残ることでさまざまな経験ができるのではないかと考えたこと、3つ目は会社に対する愛着です。長く働こうと思って入った会社ですし、同僚には気の合う人が何人もいました。自分だけ逃げ出すわけにはいかないという気持ちもありました」



※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





●取材・文/三宅航太

株式会社アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[少ないパイの奪い合い!? 子育て世代の憂鬱]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎

[第9回「働き方」の文化ギャップ]
採用した外国人スタッフに定着して、戦力として活躍してもらうために、企業が準備すべきことや、考えておかなければならないことなどを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第21回「ポジティブ心理学から学ぶ」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook