「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと

「65歳以上」も被保険者に?〜雇用保険制度見直し案〜

日々、流れてくる、労働関連の多彩なニュース。本コラム欄では、アイデム人と仕事研究所の所員が、そうしたニュースに触れて「思うこと」を、持ち回りで執筆します。

< 1 2 3 >
〈非正規従業員の13.6%は「65歳」以上〉

 60歳以上の方の雇用促進政策が進められています。年金の支給開始年齢引き上げの影響を受け、企業に「65歳まで」の安定した雇用を義務付けてから数年。企業では「継続雇用制度」「定年引き上げ」などの環境整備が着々と進み、最新の調査では「希望者全員が65歳以上まで働ける企業」は回答企業全体の72.5%、108,086社に達しています(厚生労働省「平成27年高年齢者の雇用状況」)。


 働く個人に目を向けてみると、平成27年(2015年)11月分の「労働力調査(速報)」(総務省)では、役員を除く雇用者5,310万人のうち、「60歳以上」の雇用者は756万人と、全体の14.2%を占めています(図1)。今や、勤め人(役員を除く)のおよそ7人に1人は60歳以上となっているのです。






 さらに「65歳以上」の状況を見てみます。先述の労働力調査では、役員を除く雇用者全体のうち、65歳以上の雇用者は367万人と、全体の6.9%となっています(図1)。これを、「正規」「非正規」別に見てみると、「正規の職員・従業員」全体(3,300万人)に占める65歳以上の割合は2.9%(95万人)とわずかです。一方、「非正規の職員・従業員」全体(2,010万人)ではその割合は13.5%(272万人)に達し、重要な戦力となっていることがうかがえます(図2)。そのようななかで、「65歳以上」のさらなる雇用促進を目的として、雇用保険制度の見直しが検討されています。





※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です。





●文/菊地敦子(きくち あつこ)

アイデム人と仕事研究所/社会保険労務士
大学卒業後、メーカーにて営業事務職に従事。在職中に社会保険労務士試験に合格。2014年株式会社アイデム入社。顧客・社内啓発向け労働関連法規の解説、企業、労働者に対するアンケート調査に従事している。
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[チームにおける「ナンバー2」の重要性]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第103回「72歳保育士の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

monthly時事トピックス

[「中小企業成長促進法」が施行]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook