「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人材育成のツボ

非常識な若手社員を会社の『財(タカラ)』にするには?

アイデム人と仕事研究所の研修部門の所員が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

< 1 2 >

 先日、研修を実施したお客様から若手社員の行動について、ご相談を受けました。

 

・仕事の用件も個人のLINEでお客様に連絡してしまう
・上司、役員にタメ口で話す
・外出する際に黙って出かけてしまう

 

 こんなことが日常的に行われているそうです。

 最近若手社員の中で、「それって常識?」と思うような事がわからなかったり、非常識なことを当たり前のようにやっていたりして、驚くことが増えていると感じています。最近ブームとなった有名なフレーズを使わせていただくと、正に「びっくりぽん」ですね。

 

 他にも「研修や会議に筆記用具を持ってこない社員」や「お客様とのお約束に少し遅れても謝罪しない社員」等、インターネットで検索してみても色々なケースが出てきます。お客様は「常識的に考えて、あきらかにおかしいですよね。私には全く理解ができないです」と大変お困りのようでした。

 また、本人達に注意しても全く悪びれた様子はなく、逆に「何故悪いのかがわかりません」と返ってくるそうです。

 そう、問題はこの「何故悪いかがわからない」ことなのです。

 

 

 少し前に、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上に自分達の悪ふざけをした写真をアップして、社会的に問題となったケースがありました。普通に考えると「常識的に考えてありえない。何故このような事をするのか理解できない」と思われる方が圧倒的に多いはずです。

 

 それでは、本人達はどうだったのでしょうか。ほんの遊び心、ふとした好奇心、面白さ等から軽い気持ちでの投稿で、問題意識もあまりなかったのではないでしょうか。
でも、実際は大きな問題となり、損害賠償にまでなっているケースもあります。
注目すべきは、「何故悪いかがわかっていない」「悪い事である」ということを本人達が全く自覚していないという点です。

 

 急激にSNSが普及し、当たり前のように自分のプライベートを投稿し、そこに見ず知らずの人からコメント等がもらえる。そこに面白さを感じてしまい、公私の区別がつかなくなってしまったのでしょう。

 

>>>次ページに続く

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

<会員サービスのご案内はコチラ

 


 

 

 

●文/中島美保(なかじま みほ)
アイデム人と仕事研究所 教育・研修企画/営業担当 
大手人材紹介会社での法人営業、大手損害保険グループ会社の人事部にて、採用、人材教育全般を担当。現在はアイデム人と仕事研究所にて、キャリアカウンセラー(CDA)として、お客様の経営視点を大切に、組織が活性化できる人材教育・研修をご提案できるように業務に取り組んでいる。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[私のチラシは受け取らず、先輩から受け取ったワケ]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第66回「ブラック企業のグレー従業員」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

monthly雇用情勢リポート

[有効求人倍率1.15倍、2カ月連続で改善]
最新の雇用指標や景気の動きなどをもとに、雇用・労働市場の動向をリポートします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook