「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

労働契約法の改正法案要綱を答申

労働契約法の改正法案要綱を答申


厚生労働省の労働政策審議会は、「労働契約法の一部を改正する法律案要綱」について、「おおむね妥当」として小宮山厚生労働大臣に答申しました。答申を踏まえ、同省では、開会中の通常国会に改正法案を提出する予定です。

法律案要綱のポイントは、パートや派遣・契約社員などの働く期間が決まっている有期契約労働者(いわゆる非正規社員)が、同じ職場で5年を超えて働いた場合、労働者本人の申し込みによって無期労働契約に転換できる仕組みを導入することや、「雇止め法理」の法定化などです。

改正は、労働者全体の2割以上を占める有期契約労働者の処遇改善と雇用安定化を図ることなどを目的としています。

※雇止め法理
客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない雇止めについては、当該契約が更新されたものとして扱うというもの。これは最高裁判決で確立した判例上のルールですが、法定化することで、より認識可能性が高いルールとなり、紛争の予防に役立つことが期待されます。

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第43回「休職中に別の会社でバイトしていいの?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

[第7回「やる気は一瞬にして上がりもするし、下がりもする」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

イキイキ働くためのメンタルコントロール〜自衛隊メンタル教官に学ぶ〜/下園壮太

[第7回「事故を目撃した後、不調になった」]
メンタルコントロールは仕事の成果や自己成長につながる重要なスキルです。ビジネスシーンでわき起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook