「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 正規、非正規で、結婚の希望に差−「21世紀出生児縦断調査及び21世紀成年者縦断調査特別報告書」(厚労省)

正規、非正規で、結婚の希望に差−「21世紀出生児縦断調査及び21世紀成年者縦断調査特別報告書」(厚労省)

厚生労働省では、「21 世紀出生児縦断調査(平成13 年出生児)」及び「21 世紀成年者縦断調査(国民の生活に関する継続調査)」の1O 年分のデータを用いて、同一個人を追跡する縦断調査の特性を活かした分析を行った。

【調査結果のポイント】
1 結婚及び出生の状況
・ 「無職」や「パート・アルバイト」「派遣社員」「契約社員・嘱託」の男女は、「正規雇用」の男女に比べて結婚を「絶対したい」と思う者が少ない
・ 男女とも、収入が高いほど結婚しやすい、特に男性の30 歳以上で顕著
・ 妻の就業形態が、「パート・アルバイト」、「派遣社員・契約社員・嘱託」では、「正規雇用」に比べ、第1子が生まれにくい
・ 第1子の出生後に、夫の育児参加が多いほど第2子が生まれやすい傾向
2 希望子ども数の実現状況
・ 同じ配偶者と結婚を継続している女性が、第1回調査時の希望子ども数を実現する割合は約7割
・ 希望子ども数が2人あるいは3人以上の場合、あと1人が実現されない主な要因は以下のとおり

共通するものとして、
夫の希望子ども数が妻より少ない
さらに、
希望子ども数2人の場合には、
妻の第1子出産年齢が高い、平日日中の保育者が妻のみ
希望子ども数3人以上の場合には、
親と同居していない、妻の勤務先に育児休業制度があるが利用しにくい又はどちらともいえない、育児休業制度がない

報告書全文等、詳細は厚生労働省のWEBサイト

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第32回「2021年1月改正 育児介護休業法 看護・介護休暇が1時間単位で取れるように!」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第56回「リモートワーク中に部下を叱ったら、突然回線を切られてしまった」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[【半年間で約70企画】オンライン研修をやってみて見えてきた企画・実施の勘所]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook