「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 今後の能力開発の責任の所在は「企業の責任」72.8%−「ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査」(JILPT)

今後の能力開発の責任の所在は「企業の責任」72.8%−「ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査」(JILPT)

日本労働政策研究・研修機構では、「ものづくり」企業で働く技能者の育成・確保に関する実態を把握するため、2010年度、2011年度の両年度にわたり、調査を実施。
両調査を『ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査』とし、報告書として取りまとめた。


主な事実発見として、
(1) 若年技能系社員調査
1.今後の能力開発の責任の所在については、「企業の責任」(「企業の責任で進める」と「企業の責任で進めるに近い」の合計)と考える企業割合が72.8%と高く、「個々人の責任」の24.7%(「従業員個々人の責任で進める」と「従業員個々人の責任で進めるに近い」の合計)を大きく上回っている。
 
(2) 中核的技能者調査
1.ものづくり企業で、中心的な役割を果たし、その企業の強みや競争力を支える「中核的技能者」に最も求められることとして、51.0%が「製造現場のリーダーとして、ラインの監督業務や、部下・後輩の指導を担当できること」をあげている。

等としてる。

詳しくは、 日本労働政策研究・研修機構のWEBサイト

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[3%増は既定路線? 過去最大引き上げ額となりそうな最低賃金のカラクリ]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

働くヒトのメンタルヘルス/大美賀直子

[やる気あふれるスタッフが集まる上司の特徴…キーワードは「承認」!]
職場や家庭など、日常のさまざまなシーンで起こるメンタルの不調やストレスへの対処を解説します。

できる人が辞めない職場づくり/岡本文宏

[第5回「優秀な人から辞めていく理由」]
どんなに優秀な人を採用しても、すぐに辞められてしまったら意味がありません。定着率は働きやすさを測る指標であり、会社の生産性を左右します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook