「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 不景気は昇進・昇給確率を上げる−「同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響」(RIETI)

不景気は昇進・昇給確率を上げる−「同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響」(RIETI)

独立行政法人経済産業研究所(RIETI)の研究プログラムのひとつ「人的資本」における研究プロジェクト「企業内人的資源配分メカニズムの経済分析―人事データを用いたインサイダーエコノメトリクス―」(プロジェクトリーダー:川口 大司(ファカルティフェロー、一橋大学大学院経済学研究科准教授))は、ディスカッションペーパーとして「同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響」を発表した。

サマリーでは、
「景気が悪いときに入社した世代は同期入社の人数が少ないこともあり、昇進確率が高く賃金も高くなることが明らかになった。この結果は同期入社の社員たちが出世競争において競争相手の集団を形成していることを物語っている」としている。

不景気は、全体的に雇用や賃金の減少といった影響を及ぼすだけでなく、就職できた幸運な労働者の昇進・昇給確率の向上をもたらし、格差を広げる原因となっているのだろうか。

詳しくは、独立行政法人経済産業研究所(RIETI)のWEBサイト

※注意書あり「このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、ディスカッションペーパーの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。」とされている。

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第43回「休職中に別の会社でバイトしていいの?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

[第7回「やる気は一瞬にして上がりもするし、下がりもする」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

イキイキ働くためのメンタルコントロール〜自衛隊メンタル教官に学ぶ〜/下園壮太

[第7回「事故を目撃した後、不調になった」]
メンタルコントロールは仕事の成果や自己成長につながる重要なスキルです。ビジネスシーンでわき起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook