「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 自信のない生活スキルは「将来の職業生活に備える」−『成人の職業スキル・生活スキル・職業意識』(JILPT)

自信のない生活スキルは「将来の職業生活に備える」−『成人の職業スキル・生活スキル・職業意識』(JILPT)

労働政策研究・研修機構は、20〜50 代の一般成人の職業スキル・生活スキル・職業意識(自尊感情・抑うつ傾向)について調査公表した。

結果概要
一般成人が自信のある職業スキルは「人の話を聞くこと」「書類を読むこと」「人と協同で作業すること」。ただし、性別、年齢、収入等で大きな差がある。

一般成人が自信のない生活スキルは「将来の職業生活に備える」「人生設計を立てる」「悪いところを直す」こと。

一般成人が後悔するのは「英語の勉強をしなかったこと」「資格をとらなかったこと」。

抑うつ傾向が高いのは、女性、若者、失業者の他、他社では自分の職業能力は通用しないと考えている者。

詳しくは労働政策研究・研修機構のWEBサイト

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook