「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「第6回勤労生活に関する調査」結果公表(JILPT)〜「終身雇用」を支持する割合が約9 割で過去最高

「第6回勤労生活に関する調査」結果公表(JILPT)〜「終身雇用」を支持する割合が約9 割で過去最高

労働政策研究・研修機構は、5月8日「第6回勤労生活に関する調査」の結果を公表しました。
スペシャル・トピックとして「被災地支援に関する意識」も合わせて調査をしています。

調査結果のポイント

■「終身雇用」を支持する割合が約9 割で、過去最高に
「終身雇用」を支持する者の割合は過去最高の87.5%で、「組織との一体感」「年功賃金」を支持
する割合もそれぞれ、88.1%、74.5%と過去最高の高水準となっている。

■過半数が1つの企業に長く勤める働き方を望んでいる
1つの企業に長く勤め管理的な地位や専門家になるキャリアを望む者(「一企業キャリア」)の割合は
50.3%と過半数。とくに、20 歳代で51.1%と前回調査より10 ポイント以上伸びているのが目立つ。

■能力発揮や権限移譲について仕事の満足を感じている人が多い
仕事に関する満足度を、待遇や能力発揮、責任権限などの項目それぞれについて聞いたところ、「自分
の能力が十分に発揮できる」ことに満足している割合が69.3%ともっとも高く、次いで「責任を任され
ている範囲が広い」(63.7%)、「仕事に新しいチャレンジがある」(54.2%)、「努力に見合った待遇が得ら
れる」(53.6%)の順。

■8 割強の人がフリーターは「生活を不安定にする働き方」と感じている
いわゆるフリーターについて、どのような働き方と考えているのか聞いたところ、「生活を不安定にす
る働き方である」との考えを支持する割合が8 割を超え(84.0%)、「自由で多様な働き方である」との考
えを支持する割合(30.5%)を大きく上回っている。

■被災地支援のために経済的負担が増えてもよいと考えている人が6 割以上
被災地支援のために、自分の経済的な負担が増えてもよいと思うか聞いたところ、「負担が増えてもい
い」とする割合は64.9%と6割を超え、「負担が増えるのはよくない」とする否定派(31.6%)を大きく
上回った。


詳しくは労働政策研究・研修機構のWEBサイト

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[いつ求人を出せばいい?〜コロナ禍1年のデータから予測する2021年後半〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第3回「企業文化で高い定着率を実現する小児歯科」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第3回「まずはIT環境を整えよう」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook