「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 平成23年度「均等法」「育児・介護休業法」「パート労働法」に関する相談、紛争解決の援助及び是正指導の状況(厚労省)

平成23年度「均等法」「育児・介護休業法」「パート労働法」に関する相談、紛争解決の援助及び是正指導の状況(厚労省)

平成23年度男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に関する相談、紛争解決の援助及び是正指導の状況まとめ
〜都道府県労働局への紛争解決の援助申立・申請は初めて1千件超に〜


 厚生労働省では、平成23年度に「雇用均等室」で取り扱った男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に関する相談と、紛争解決の援助申立・調停申請の受理状況についての取りまとめを公表。


【ポイント】
1 雇用均等室で取り扱った相談、紛争解決の援助の状況・総数
・男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に関し、寄せられた相談は合108,575件。
 前年度より大幅に減少したものの、依然として10万件を超える相談が寄せられている。
・紛争解決の援助申立および調停の申請受理件数は計1,025件で、初めて1千件を超えた。

2 男女雇用機会均等法の施行状況
・男女雇用機会均等法に関する相談は、23,303件。
 労働者からが12,724件と過半数を占めた。
・紛争解決の援助の申立受理件数は610件、調停の申請受理件数は78件で、いずれも増加傾向。
 内容は、「セクシュアルハラスメント」が最多。
・是正指導件数は、10,174件。指導事項は、多い順に「セクシュアルハラスメント」(6,533件)、「母性健康管理」(3,255件)など。

3 育児・介護休業法の施行状況
・育児・介護休業法に関する相談は76,918件。
 うち、労働者からは10,415件で、前年度より増加。
・紛争解決の援助の申立受理件数は316件で前年度より41件の増加。
 調停の申請受理件数は18件で、「援助」「調停」ともに「育児休業に係る不利益取扱い」が最多だった。
・雇用均等室が行った是正指導件数は30,052件。
 指導事項では、「育児休業」が4,150件で最多。

4 パートタイム労働法の施行状況
・パートタイム労働法に関する相談は8,354件で、前年度より増加。
・相談内容では、「通常の労働者への転換」が2,516件で最も多く、次いで「労働条件の文書交付等」(733件)、「賃金の均衡待遇」(345件)。
・是正指導件数は24,754件。指導事項では、「通常の労働者への転換」が6,575件で最多。


詳しくは厚生労働省のWEBサイト

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第31回「9/1法改正!ダブルワークの人が労災になったら」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第55回「部下が思いどおりに動いてくれない」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[あらためて同一労働同一賃金を知る]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook