「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

2012年03月15日

ビジネスマナーに関する意識調査

第1回調査 2004年2月13日発表 「知っているけれどできない」のは何故でしょうか? ビジネスマナーも、しっかりとした基本トレーニングができていてはじめて、応用につながるのではないでしょうか。

この調査の全文データはこちら

▼ビジネスマナー教育受講の有無
 ビジネスマナー教育を受けたことがない人は約7

 

Q】 あなたはいままでにビジネスマナーに関する教育を受けたことがありますか。

いままでにビジネスマナーに関する教育を受けたことがあるかと聞いたところ、68.9%と約7割の人が「受けたことがない」と回答しました。ビジネスマナーは仕事をする上での基本となるマナーであり、教育を受けた人が3割とは正直少ない感じがします。基本的なビジネスマナーの知識がないままに、接客や電話応対など仕事に取り掛かっているのが現状のようです。

 

 

▼ビジネスマナーの重要性

 ビジネスマナーが大切であると回答した人は99.8%と大多数

 

Q】 あなたは仕事をする上でビジネスマナーが大切だと思いますか。

ビジネスマナーの重要性について聞いたところ、「とても大切である」88.7%、「やや大切である」11.1%、「あまり大切ではない」0.3%という結果となり、ほとんどの人がビジネスマナーの重要性を理解していました。「ちっとも大切ではない」という選択肢もありましたが、1人の回答もありませんでした。

 

 

▼重要なビジネスマナー

 上位3項目は「言葉づかい」、「あいさつ」、「身だしなみ」

 

Q】 ビジネスマナーの中であなたが重要だと思う項目は次のうちどれになりますか(3つまで選択)

ビジネスマナーの項目から、重要だと思う項目を3つまで挙げてもらいました。その結果によると、「言葉づかい」が75.1%と最も多く、次いで「あいさつ」が70.5%、少し離れて3番目が「身だしなみ」で46.6%となりました。 

 

 

▼苦手なビジネスマナー

 上位3項目は「言葉づかい」、「クレーム対応」、「電話応対」


Q】 ビジネスマナーの中であなたが苦手な項目は次のうちどれになりますか(3つまで選択)

続いてビジネスマナーの項目から、苦手な項目を3つまで挙げてもらいました。その結果によると、「言葉づかい」が40.1%と最も多く、次いで「クレーム対応」36.1%、「電話応対」35.0%、「ビジネス文書」32.4%、「動作、立ち居振舞い」22.8%、「お客様応対」22.2%という順に続きます。重要なビジネスマナーの項目で最も回答が多かった「言葉づかい」が、ここでも最も多くの回答を集めました。

この調査の全文データはこちら

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。
コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

はたらくりっぷ

[はたらく権利、はたらかない権利]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。働くことに関する不安や、悩みを解消する知識や考え方などもお伝えします。

ココロの座標/河田俊男

[第56回「孤独死が増えている」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第8回「時間の使い方を見直す」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook