「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 民間企業の雇用障害者数59万7,786人、実雇用率2.20%、ともに過去最高を更新−令和3年障害者雇用状況(厚労省)

民間企業の雇用障害者数59万7,786人、実雇用率2.20%、ともに過去最高を更新−令和3年障害者雇用状況(厚労省)

厚生労働省は、民間企業や公的機関などにおける、令和3年「障害者雇用状況」の集計結果を取りまとめ、公表した。

 

今回の集計結果は、毎年6月1日現在の身体障害者、知的障害者、精神障害者の雇用状況について、障害者の雇用義務のある事業主などに報告を求め、集計したもの。障害者雇用促進法では、事業主に対し、常時雇用する従業員の一定割合(法定雇用率、民間企業の場合は2.3%)以上の障害者を雇うことを義務付けている。

 

【結果のポイント】
<民間企業>(法定雇用率2.3%)雇用障害者数、実雇用率ともに過去最高を更新
◆雇用障害者数は59万7,786.0人、対前年比3.4%上昇、対前年差1万9,494人増加
実雇用率2.20%、対前年比0.05ポイント上昇
●法定雇用率達成企業の割合は47.0%、対前年比1.6ポイント低下

 

<公的機関>(同2.6%、都道府県などの教育委員会は2.5%)雇用障害者数はいずれも対前年で上回る
◆国:雇用障害者数 9,605.0人(9,336.0人)、実雇用率 2.83%(2.83%)、都道府県:雇用障害者数1万143.5人(9,699.5人)、実雇用率 2.81%(2.73%)
市町村:雇用障害者数3万3,369.5人(3万1,424.0人)、実雇用率2.51%(2.41%)
教育委員会:雇用障害者数 1万6,106.5人(1万4,956.0人)、実雇用率2.21%(2.05%)

 

<独立行政法人など>(同2.6%) 雇用障害者数及び実雇用率のいずれも対前年で上回る
◆雇用障害者数1万2,244.5人(1万1,759.5人)、実雇用率 2.69%(2.64%)

 

※( )は前年の値

 

 

⇒詳しくは厚生労働省のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働トラブルの予防線

[賃金トラブルになりがちな4事案]
人事労務に関するトラブルは、労働者と雇用主の双方にとって負担となります。職場でトラブルになりがちなことについて、予防の観点から解説します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社ウィローズ/ホワイト経営で、高い定着率と過去5年平均150%強の業績アップを実現]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

しごとごはん/中野ヤスコ(管理栄養士・調理師)

[何を食べるかより、「いつ」食べるか〜食事と生活のリズムを見直す〜]
働く人の体やメンタルの不調を改善したり、健康を維持するための食事やレシピなどを紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook