「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 5月の業況DI「観光需要が下支えし、5か月ぶりに改善。先行きは、慎重な見方」−日商LOBO調査(商議所)

5月の業況DI「観光需要が下支えし、5か月ぶりに改善。先行きは、慎重な見方」−日商LOBO調査(商議所)

日本商工会議所は、5月の「商工会議所LOBO(早期景気観測)調査」の結果を発表した。
 
【結果のポイント】
◆5月の業況DI(全産業合計)はマイナス11.4で、前月比プラス2.6ポイント。製造業は、需要が堅調な飲食品関係や自動車関係を中心に改善。卸売業も飲食品関係の引き合い増で改善。また、サービス業も、大型連休を中心とした国内外の観光需要の増加で改善した
 
◆一方、小売業は、物価高に伴う消費者の買い控え継続で力強さを欠き、建設業は、建築資材価格の高騰や住宅関係の需要低迷で足踏みをしている。企業間取引を中心に一定程度の価格転嫁の進捗が見られるものの、輸送費やエネルギー価格、労務費の上昇分には追い付いていない。深刻な人手不足や円安等によるコスト増も継続しているが、堅調な観光需要等が下支えし、中小企業の業況は5か月ぶりに改善となった
 
◆先行き見通しDIは、マイナス13.4(今月比マイナス2.0ポイント)。高水準での賃上げや定額減税の開始に伴う可処分所得の増加による、個人消費の拡大が期待される。一方、歴史的な円安等で物価高が継続する中、電気・ガス代への激変緩和措置も終了となり、一層の収益悪化が懸念される。また、労務費を含むコスト増に対する価格転嫁が十分に行えていない中、深刻な人手不足による受注機会の損失も生じており、先行きは慎重な見方が続いている
 
◆今月の付帯調査
「設備投資の動向」
・2023年度の設備投資実績は約5割と高水準で推移。2024年度の設備投資意欲も依然として高い
「2023年度の採用実績の動向」
・2023年度の採用動向は前年度からほぼ横ばい。予定数を確保できた割合は半数を下回る
 
 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[良い研修のポイントは、優秀な○○と最適な○○○○○○]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第3回「メンタル不調気味の部下がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第99回 「人見知り」で仕事がつらい]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook