「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第33回「突然、睡魔に襲われる」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2018年12月19日)

< 1 2 >

 高速道路で車を運転しているとき、動きのおかしい車を見たことはないだろうか。左右に蛇行していたり、遅すぎる車で、原因は居眠り運転の可能性もある。事故の巻き添えにはなりたくないものだ。

 

 

運転中の睡魔

 

 先日、バスの運転手が突然睡魔に襲われ、事故を起こしたニュースがあった。睡眠時無呼吸症候群だったようだ。いびきの最中に息が止まってしまう疾患だ。罹患者は多いが、問題は自覚できないことである。睡眠時無呼吸症候群は、昼間に突然睡魔に襲われる症状がセットになっている。無意識で一瞬眠ってしまうのだ。そのバスの運転手もそうだった。

 

 車を運転中に睡魔に襲われたら、大事故につながりかねない。寝ているとき、「いびきが途中で止まっているようだ」という指摘を受けたり、昼間に突然睡魔に襲われることがあれば、すぐにでも専門医の診察を受けるべきだ。

 

 

 

 

 

失恋した看護師

 

 看護師の香奈子は、病院に勤務して2年。仕事になれ、自信がついてきたところだが、プライベートでつらい出来事があった。3カ月前、交際していた彼氏と別れたのだ。

 

 理由は、香奈子がスマホばかり見ていたことだ。ニュースからゲーム、好きなタレントの情報など、ひまさえあればスマホをいじっていた。トイレに行くときも、風呂に入っているときも離さず、彼氏と会っているときもスマホを見ていた。香奈子のスマホへの病的な依存に、彼氏は耐えられなかった。

 

 

仕事中に睡魔

 

 別れた後、香奈子はさらにスマホに依存するようになり、睡眠時間は減った。仕事に集中できず、ぼんやりしてしまう始末だった。

 

 そんなある日、患者の手術中に睡魔が襲ってきて、仕事ができなくなってしまった。香奈子は手術室から運び出されると、倒れるように眠ってしまった。慢性的な睡眠不足で、強烈な睡魔に襲われたのだ。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[中途採用≠即戦力? 中途採用者の定着・能力発揮に必要なこと]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第31回 「無期転換ルールの実務運用」について]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[69.6%で労働基準関係法令違反]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook