「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第35回「孤独死の予感」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2019年2月21日)

< 1 2 >

 冬の寒い朝、人知れず亡くなる人がいる。いわゆる孤独死である。孤独死は一人暮らしの高齢者に限ったことではない。

 

 

知人が孤独死

 

 最近、私の知人が孤独死した。50代の中高年男性で、急性の心臓疾患だった。自宅で亡くなっており、発見されたときには死後2週間ほど経過していた。彼は不動産投資で財を築き、それなりに裕福に生活していたが、一人暮らしで社会から孤立していた。結婚していたときに娘をもうけたが、離婚してからは連絡を取り合っていなかった。

 

 彼は人を信用できず、お金だけを信じて生きてきた。ひどいケチで家族から嫌われており、それは離婚原因でもあった。死亡する直前、自宅で突然の不調に襲われた彼は娘の携帯に連絡したが、いつものように無視された。誰かに救いを求めようと、玄関のほうに向かう途中で命を落としたという。

 

 

 

 

 

迷惑はかけられない

 

 38歳の京香は通販会社で、商品説明のオペレーターをしている。うつ病で1年ほど休職して復帰したが、日々の仕事でミスを繰り返していた。同僚たちがカバーしてくれるが、ふがいない気持ちになっていた。ある日、勇気を出して同僚に「迷惑ばかりかけているので辞めたい。私は役に立たないから、死んだほうがいいと思っている」と、本当の気持ちを明かしてみた。

 

 すると、同僚は困惑した表情になり、黙ってしまった。突然そんなことを言われたので混乱したのだ。京香は同僚の態度を見て、もう誰にも自分のことを話せないし、気持ちを分かってもらえないと感じた。

 

 京香は一人暮らしだ。転職する気力がないので、会社を辞めたらわずかな預金をくずして生活するしかない。お金がつきたら孤独死するかもしれない。そんな恐れを漠然と感じていた。自分は独身で、彼氏もいない。学生の頃は、20代で結婚して子供を産むと思っていたが、現実は違った。最近は「生きる意味がない」と感じ、心が孤独にむしばまれていた。

 

 

「うつ病」とは言えない

 

 32歳の冬馬は、倉庫でアルバイトをしている。毎日が憂うつで疲れやすく、夜も眠れない。医師にはうつ病と診断され、薬を飲んでいた。

 

 上司には「調子が悪いようだったら、休んだらどうだ」と言われているが、本当に休めば代わりの人が来て、仕事を失ってしまいかねない。だから、「うつ病で治療を受けている」とは言えなかった。もし失業してしまったら、次の仕事が見つからずにホームレスになり、路上で死んでしまうと考えていた。

 

 冬馬は大学でうつ状態になって中退してから、自分はどんな人生を歩んでいいのか分からずにいた。会社に就職してこきつかわれるのは嫌だと思っていたが、アルバイト生活が10年以上になり、不安とストレスを感じていた。一念発起して人生を変えようとした時期もあったが、今は毎日「消えてしまいたい」とばかり思っていた。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

<会員サービスのご案内はコチラ

 


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[自己啓発をしない社員に「けしからん!」と思う前に]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

シゴトの風景

[第86回「3社目で得た平穏」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[イチローから学ぶ“しなやかに仕事をする”ヒント]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook