「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

【企業に聞く】人が活きる組織

and factory株式会社/採用と環境づくりを最重視し、エンゲージメントを深化

やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。(2019年5月30日)

< 1 2 3 >

ホームページ/ https://andfactory.co.jp/

 

 and factory株式会社は「日常に&を届ける」というコンセプトのもと、スマートフォンを軸にアプリ事業とIoT事業を展開している。アプリ事業では、設立当初から数々のアプリを開発・運用し、その実績を活かして現在は大手出版社と協業したマンガアプリを複数展開。IoT事業としては、主に最先端のデバイスを結集させたスマートホステル「& AND HOSTEL」を全国に8カ所運営している。

 

 そんな同社は、生産性を高めて業績につなげる基本として、社員とのエンゲージメントを深めることを最重視して採用や就労環境づくりに取り組み、結果的に「働きがいのある会社ランキング」2018年版小規模部門第14位、2019年版は同2位と2年連続で上位選出されている。同社の取り組み内容について、執行役員でHR Unit Managerの梅谷雄紀さんに聞いた。

 

 

HR Unit Manager 梅谷雄紀さん

 

 

―まず、事業運営の基軸となる考え方からお教えください。

 

 当社はコアバリューとして、「CHALLENGE(失敗を恐れない)」「SPEED(まず、やってみる)」「QUALITY(妥協しない)」「TEAM PLAY(気を配る)」の4つを置いています。この基本的な考え方を、各Divisionやメンバーがそれぞれの業務に密接な形でブレイクダウンし、業務方針として掲げています。メンバーに浸透させ、推進させる仕組みとしては、人事考課で「設定した目標に対してどれだけ体現しているか」を評価しています。

 

 コアバリューの目的は、当社の事業を成長させることにあるわけですが、その主体はメンバーです。メンバーが事業のすべてをつくるといっても過言ではありません。したがって、メンバーがどれだけ会社にフィットしているかの「エンゲージメント」が最重要指標だと思っています。

 

 後付け的にエンゲージメントを高める施策はいろいろありますが、そういうものよりも本質的に重要なのは、「エントリーマネジメント」と呼んでいる、当社にフィットする人材を採用することにあると考えています。そしてもう1つの重要な要素として、環境づくりがあげられます。

 

 

>>>次ページに続く
・採用活動
・環境づくり
・エンゲージメントのチェック

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook