「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第43回「苦渋の決断」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2019年10月24日)

< 1 2 >

 人生には、苦しくつらい思いをして決断しなければならないことがある。その決断でよかったのかどうか、後から評価することは難しい。

 

 

延命か、出産か

 

 結婚して半年になる玲奈は、夫が仕事に行くのを見送ってから、自分も働きに出る。夢にまで見た新婚生活だ。そんなある日、体調不良が続いていたので、病院で診てもらうことになった。検査の結果、進行性のがんが見つかり、余命1年を宣告された。

 

 妊娠していた玲奈は、顔面蒼白になった。治療と出産のどちらを優先するべきか、分からなかった。抗がん治療は胎児への影響が心配される。夫にも相談し、最終的に玲奈自身が決めることになり、悩んだ末、子供を優先した。子供をあきらめて少しでも延命するか、余命が短くなっても子供を生むか、苦渋の決断だった。その後、玲奈は元気な男の子を生み、出産から1カ月後に亡くなった。

 

 

 

 

 

上司のパワハラで退職

 

 ここ数年、武史はうつ病で会社を休んだり、復職を繰り返していた。原因は上司のパワーハラスメントだ。「今までよくそんな仕事していたな、ウスノロなんだよ」「どれだけ馬鹿なんだ。仕事のやり方も分からないのか」など、ひどい暴言を吐かれ続けた。武史は今までそうした言葉を言われたことがなく、免疫がなかった。ストレスは大きく、夜も眠れず、うつ病と診断されるほど悪化した。

 

 医師には「会社を辞めたほうがいい」と言われた。悩んだ末、辞める決心をした。しばらく自宅で療養してから、就職活動を始めた。ところが、なかなか仕事が決まらなかった。会社を辞めて数年が過ぎ、生活資金も底をついてきた。武史は生きる気力を失い、自殺することばかり考えている。

 

 

問題は何か?

 

 人生は決断の連続だ。起きてから眠りにつくまで、あらゆる場面で決断している。勤務している会社に行くことも、同僚と飲みに行くことも決断だ。その決断に、葛藤や迷いはないだろうか。もし、迷いがあればそこに問題はある。人生は迷い、葛藤し、ある決断をする。つまり、どう迷い、どう葛藤したかが、決断の質を決めることになる。

 

 精神療法家のミルトン・エリクソンが「どんな決断であっても、そのとき、その人は最善と思える決断をしている」と言っている。であれば、どんな人も、あとで仮に後悔したとしても最善の決断をしたということなのだ。とても救いのある考え方である。どんな葛藤や迷いがあっても、その結果として出した決断は、最善のものだからだ。だからこそ、問題を生まないためには、よりよく迷い、葛藤する必要がある。決断に良い、悪いはないのだから。

 

 

うつ病特有の思考モデル

 

 うつ病になると、否定的な思考モデルになってしまう。おそらく武史は、「自分は無能だ」「自分は嫌われている」「失敗したらもう先はない」などと考えただろう。そうした思考はすべてうつ病によって、脳がそう考えさせている。まず、それを知ることが大切だ。

 

 否定的に考えたら無理に変えようとせず、「うつ病がそう考えさせている」と自分を客観視してみる。そうでなければ、うつ病の思考モデルで決断してしまうことになるからだ。それは、後悔につながりかねない。武史が会社を辞めたのも、うつ病特有の思考モデルからの決断と言える。また、うつ病になって将来を悲観する思考の影響から、再就職に失敗している可能性も考えられる。

 

 

>>>次ページに続く

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

 

 


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook