「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第44回「災害PTSDでうつ病になった」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2019年11月21日)

< 1 2 >

 最近、関東でも台風で大災害が起きている。温暖化などによる気候変動の影響だろうか。栃木県の佐野で川が氾濫した。被災住宅のボランティアに入った外国人が「同じ人間だから、大変なときに手伝いに来た」と言っていた。なんと美しく、重い言葉だろうか。

 

 

災害PTSDなのか

 

 52歳の久雄が経営していた工場が被災した。台風の影響で川の水があふれ、工場内に入り込んだのである。隣接した自宅も被災し、大きなストレスがかかった。家族のためにも、家を建て直さなければならない。しかし、そのためには、工場を再建して仕事を再開しなければならない。従業員の生活もある。考え始めると、頭痛やめまいがしてきた。

 

 

 

 

 

 最初のうちは、気を張って工場や自宅の片づけをしていたが、被災から1カ月ほどすると精神的な疲れが出てきた。今後どう生きていけばいいのか、久雄は大きな決断をしなければならない。工場の再建には多額の費用が必要で、自宅の再建にもお金がいる。それほど蓄えがあるわけでもない。

 

 久雄は混乱して何も考えられない状態になり、浴びるように酒を飲むようになった。眠れない日々が続いているが、何も手につかない。誰にも相談できず、やがて気力を失った。会社は父親から受け継いだもので、振り返ってみれば、今まで社長しかやったことがなかった。新しい生き方など、想像もできなかった。

 

 

久雄の悪夢

 

 久雄は、よく悪夢を見るようになった。災害にあう前、長く働いてくれた職人をリストラしていた。経営環境は厳しく、生き残るためには会社を合理化し、人件費を削減しなければならなかった。どの会社でもやっていることだ。久雄はそう思い、リストラを行ってきた。その対象者たちが夢に出てくるのだ。

 

 どうして、彼らをリストラしてしまったのだろうか。久雄は自分を責めた。リストラされた人たちにも、明日の暮らしがある。そんなことを考えもしなかった自分がいた。

 

 極端なことを言えば、自分の生活が守れれば、他人のことなどどうでもいい。そんな考えがあったことに気づいた。「会社のため」とは、なんだろうか。会社の存続のために、あたかも物のように人を扱う。そんな自分に腹が立ち、あまりの嫌悪感に吐き気がした。自分は拝金主義で、会社のためなら人を犠牲にしてもかまわない。そんな悪魔のような考えを持っていたのではないか。

 

 久雄は自分が被災し、何もない状態になって初めて、そんな思いが浮かんだ。リストラされた人たちの気持ちが分かるようになった。久雄は自分を責め続け、うつ病になった。

 

 

>>>次ページに続く

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

 

 


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[忘年会に来た女性社員に「今日、子供は大丈夫なの?」と聞いていないか?]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第33回 年次有給休暇5日・時季指定義務の運用確認]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第9回「ACT(アクト)で感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook