「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働トレンド一問一答

ペルソナ

労働関連のトレンド用語を解説します。(2020年4月23日)

ラテン語で「人格」を意味する言葉で、採用領域においては「求める人物像の設計」を指します。業務遂行のために必要なスキル、性格や適性、価値観など、求める人物像の要件を設計することで、採用したい人材からの応募を促し、マッチング率を上げることを目的に活用されています。もともとはマーケティング用語で、顧客像を仮想の人物として設定したものをいいます。

 

ターゲットは年代や性別などグループに分類したものであるのに対し、ペルソナは架空の人物を創り上げるように細かく設計します。実際に社内で活躍している人物の共通点などの情報を集め、求めるポジションに必要な要件を明確にし、ポジションの責任者と共通認識を持って作成することで精度が高まります。

 

ペルソナを設定することで採用基準が明確になり、面接官の主観による採否決定やミスマッチによる入社後の早期離職を減らすなど、効率的な採用活動が期待できます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第14回「コロナ禍をレジリエンスでコントロールする」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第98回「29歳独身。私の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[ポイントはえこひいき!? お客様に選ばれ続けるには?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook