「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

感情をコントロールする方法/笠原彰

第14回「コロナ禍をレジリエンスでコントロールする」

メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。(2020年5月14日)

< 1 2 >


 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経済活動は停滞し、さまざまなイベントが延期・中止になっています。スポーツ界にも大きな影響を与えており、東京オリンピックは延期になり、国際プロサッカー選手会の報告によると不安や鬱の症状を訴える選手の数が急増しているそうです。

 

 新聞報道によれば、1月中旬以降のTwitter投稿約2900万件のつぶやきを解析した結果、安倍晋三首相が2月27日に臨時休校を要請以降、「疲」「ストレス」「鬱」が含まれる投稿が急上昇しているそうです。

 

 このような生死に関わる危機的状況に対応するために、近年注目されている心理的スキルがレジリエンスです。レジリエンスとは、「困難で脅威的な状態にさらされることで一時的に心理的不健康の状態に陥っても、それを乗り越え、精神的病理を示さず、よく適応している(小塩・中谷・金子・長峰,2002)」状態です。日本では、回復力、復元力、反発力と訳されています(今村 他,2013)。

 

 


図1.レジリエンスの概念(今村他(2013)を一部改訂)

 

 

 レジリエンス研究は1970年代に始まったとされ、戦争や自然災害などの外傷体験をしても、抑うつ症状やPTSDを発症しなかった人々の要因研究が始まりとされています(齊藤 他,2009)。レジリエンスは、誰でも持っていて、向上させることが可能だと考えられています(Grotberg, 2003)。

 

 平野(2010)は、国内外の先行研究によって示されたさまざまなレジリエンス要因を分類し(表1)、「楽観性」「統御力」「社交性」「行動力」の上位概念として「資質的レジリエンス要因」、「問題解決志向」「自己理解」「他者心理の理解」の上位概念として「獲得的レジリエンス要因」を抽出しました。

 

 

 


 今回は、獲得が比較的容易な獲得的レジリエンス要因の問題解決志向を紹介したいと思います。平野(2010)は、3つの問題解決志向行動を報告しています(表2)。

 

 

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

 

 


 

 

●文/笠原彰(かさはら あきら)
作新学院大学教授、メンタルトレーニングラボ代表、栃木県体育協会スポーツ医科学委員会委員
日本体育大学大学院修了。プロアスリートや中高生チームへの指導など、メンタルトレーニングに関する豊富な実績を持つ。近年はスポーツ分野にとどまらず、一般企業のビジネスパーソンのメンタルスキルトレーニングや講演活動も行っている。著書に『誰でもできる 最新スポーツメンタルトレーニング』(学研プラス)、『気持ちの片づけ術』(サンクチュアリ出版)、『ゴルフのメンタルテクニック エビデンスに基づく 50のドリル』(ゴマブックス)。
http://mt-labo.sakura.ne.jp/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第14回「コロナ禍をレジリエンスでコントロールする」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第98回「29歳独身。私の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[ポイントはえこひいき!? お客様に選ばれ続けるには?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook