「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働トレンド一問一答

Planned Happenstance Theory(プランド・ハプンスタンス・セオリー)

労働関連のトレンド用語を解説します。(2020年8月27日)

訳は「計画された偶発性理論」です。スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提案したキャリア論に関する考え方です。

 

個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されます。その偶然に対して最善を尽くし、より積極的な対応を積み重ねることでステップアップします。ただ、予期しない出来事や偶然の出会いを待つだけでなく、自ら創り出す行動をとる必要があります。

 

【理論のポイント】
・行動すれば思わぬチャンスに遭遇する。
・行動したから常にチャンスに出会うとは限らない。しかし、行動しないままでは何も起きない。
・様々なことに関心を持ち、積極的にぐ動くことで、自分のキャリアに繋がる。
・自ら起こした行動から、自分を導く偶然のチャンスをつかみ、その後のライフデザインに活かす。

 

【理論を実践するための5つのキーワード】
(1)好奇心:様々な分野、領域に関心を持ち学び続ける。
(2)持続性:上手くいかないことがあっても諦めずに、粘り強く、努力する。
(3)楽観性:ネガティブな出来事に遭遇しても、ポジティブに受け止め、楽観的に行動する。
(4)柔軟性:自分の思考に拘らず、オープンマインドで対応する。
(5)冒険心:リスクを恐れずに積極的に行動する。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第30回「在宅勤務の最低賃金 会社と自宅どちらの地域が適用?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第54回「部下が気をつけるべきリモートワークのポイントは?」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[研修で人は変わることができるのか? 社会人の学びと成長]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook