「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第54回「年上の男性が怖い」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2020年9月24日)

< 1 2 >

 中高年男性の中には、職場で若い女性と適切な距離感を持って関係を築くことを難しいと感じる人がいる。自分の行動がセクハラと思われてしまわないか、不安になるのだ。同じように彼女たちも、年上の男性と関係を作るのは難しいのかもしれない。

 

 

コロナ禍の居酒屋

 

 大学3年の由紀は居酒屋でアルバイトをしている。最近、コロナの影響で8人いた学生アルバイトがだんだん減り、とうとう由紀だけになってしまった。店長に「君まで辞めてしまったらきつい。絶対に辞めないでね」と言われた。アルバイトは由紀だけなので、店長はとりわけ親切にしてくれた。

 

 由紀には不安があった。コロナの影響で居酒屋がつぶれてしまったら、収入源を失ってしまう。仕送りのない彼女の収入は、奨学金とバイトだけだった。しかし、彼女にはそれ以上に不安に感じていることがあった。それは、年上の男性である店長が優しい態度で接してくることだった。

 

 

 

 

年上男性が怖い

 

 由紀は、同じ年齢や年下の男性には自然に接することができた。だが、年上の男性には異常に緊張し、親切にされるほど恐怖心を感じる。アルバイト先で1人になってから、由紀は店で情緒不安定になり、帰宅すると不安な気持ちから眠れなくなった。どうしてそんな精神状態になるのか、客観的に考えるために日々の気持ちのノートに記録することにした。由紀は「今のままでは就職もできないのではないか、と思っています」と言った。

 

 

自分に自信がない

 

 由紀は自分に自信が持てず、企業に採用される気がしなかった。最近つき合っていた彼氏と別れたことも、自信喪失に関係していた。どうしても彼の性的な欲求を受け入れられなかったのだ。彼女は自分の否定的な部分ばかりを見ていた。そして「もう私は、生きていく価値がないように思ってしまって」とうつ気分を吐露した。コロナの影響で居酒屋で一人きりになってから3カ月の間に、そこまで気分が落ち込んでしまった。現在、彼女は精神科に通院しながら、なんとかアルバイトを続けていた。

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>

 


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

 

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第31回「9/1法改正!ダブルワークの人が労災になったら」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第55回「部下が思いどおりに動いてくれない」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[あらためて同一労働同一賃金を知る]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook