「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第105回「年下の上司との付き合い方」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。(2020年12月3日)

< 1 2 >

「『自分のほうが年上なのに、なんで敬語を使わなければいけないんだ』」と、もんもんとしていました」

 

 20代後半のころ、かつての職場で2つ年下の上司のもとに配属された浮田真次さん(仮名・33歳)は、当時をそう振り返った。

「年下に対して敬語で話すことに抵抗を覚えていたからか、結局その上司とはなかなか距離を縮めることができませんでした。上司も私のそうした感情に気づいていたようで、話しづらそうにしてましたね」

 

 その上司は、決して上から目線で接するようなタイプではなかった。ただ、仕事のミスを指摘されたときなど、つい「年下のクセに!」と心の中で舌打ちをしてしまっていたという。
「『先に入社したほうが先輩』ということは、もちろん頭では理解できていました。けれどもまだ若かったこともあり、なかなか自分の中で割り切ることができなかったのです」

 

 

 

 

 年下の上司からの指示に対して、むっとした顔をしてしまったことも一度や二度ではない。
「そんな感じだったので、上司の信頼を得ることができず、最終的には居心地が悪くなり、その会社を10カ月で辞めてしまいました。今振り返れば、年上の部下を持ったその上司のほうこそ、やりづらかっただろうなと思います」

 

 この失敗から学び、転職活動時には、面接のときに直属の上司になる人の年齢を確認することにした。ところが、浮田さんが選んだ転職先の上司は、またしても年下だった。しかも、前職のときよりも歳の差が大きく、5つも年下だ。

 

「入社を決めた理由は、採用担当者の一言。『ウチは100%中途社員の会社なので、肩書や社歴、年齢に関係なく、全員が敬語で接しているんです』という言葉を聞き、この会社でならやっていけそうだと思いました」

 

 採用担当者の言葉どおり、入社すると誰もが敬語で話しかけてきた。年上の先輩たちまで敬語で、最初は戸惑ったという。
「不思議な感覚でしたね。でも、全員が敬語でのコミュニケーションだからと言って、決してよそよそしいとか人間関係が希薄というわけではありません」

 

 敬語は、そもそも相手を敬う気持ちを表す言葉。そのせいか人間関係もスムーズで、職場の雰囲気もとてもいいのだとか。

「敬語だと『指示』というよりも『お願い』のようなトーンになるので、以前と違って年下の上司からの指示に素直に従えるようになりました」

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[私のチラシは受け取らず、先輩から受け取ったワケ]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第66回「ブラック企業のグレー従業員」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

monthly雇用情勢リポート

[有効求人倍率1.15倍、2カ月連続で改善]
最新の雇用指標や景気の動きなどをもとに、雇用・労働市場の動向をリポートします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook