「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

LGBTQ+

労働関連のトレンド用語を解説します。(2021年3月18日)

セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称の1つです。近年、企業は組織運営において、性別や人種、国籍などのさまざまな属性を持った人々を雇用したり、多様な働き方を受け入れるダイバーシティの考え方を取り入れるところが増えています。企業にとって「LGBTQ+」の理解は、ダイバーシティに関する課題の1つです。「LGBTQ+」は、セクシュアリティを示す言葉の頭文字をとったものです。

 

Lesbian(レズビアン):女性同性愛者
Gay(ゲイ):男性同性愛者
Bisexual(バイセクシュアル):両性愛者

Transgender(トランスジェンダー):性別越境者
Questioning(クエスチョニング):自分自身のセクシュアリティを決められない、分からない、または悩んでいる人
+(プラス):頭文字ではなく、上記以外にもさまざまなセクシュアリティがあることを示す

 

身体と心の性が一致し、異性を恋愛対象とする人たちは多数者です。しかし、同性を好きになる人や同性も異性も好きになる人、身体と心の性が一致していない人もいます。現在、日本でセクシュアル・マイノリティに該当する人の割合は、10.0%と言われています。セクシュアリティは、以下の4点から考えられます。

 

身体的性:性器、性腺、染色体などの身体的特徴で分けられる性。
性自認:自分自身はどんな性だと思うか。男性だと思う人、女性だと思う人、中性だと思う人、性別は決めたくないという人など。
的指向:好きになるかならないか、なるとしたらどんな性の人を好きになるか。異性を好きになる人、同性を好きになる人、どちらの性も好きになる人、性別で好きになる人を決めたくない人など。
性表現:自分のありたい性をどのように表現するか。言葉遣い、振る舞い、服装など。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[トラブルメーカーだった私が仕事を続けられた理由]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第61回「呑気症と診断されて」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

monthly雇用情勢リポート

[「勤め先や事業の都合による離職」など、非自発的な離職が前年同月比18万人増]
最新の雇用指標や景気の動きなどをもとに、雇用・労働市場の動向をリポートします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook