「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

L字カーブ

人事労務に関連するワード集です。基礎的なものからトレンドまで、さまざまなワードを解説します。(2021年4月22日)

女性の年齢別正規雇用率だけに見られる、特有の傾向を示した言葉です。女性の年齢別正規雇用率は学校卒業後の20代後半でピークとなり、その後、一貫して下がり続けます。これをグラフにするとアルファベットのL字(ひらがなの「へ」の字)のような形になることから名付けられました。内閣府が2020年7月に公表した「選択する未来2.0」の中間報告で初めて指摘されました。

 

L字カーブは、女性の働き方は依然として「フルタイムの正規雇用」と「パートタイムの非正規雇用」に二極化していることを表しています。その解消に向けて、正社員に加え、短時間勤務の限定正社員等の選択肢を拡大し、女性の出産後の継続就業率を高めることが求められています。「経済財政運営と改革の基本方針2020」(「骨太の方針2020」)では、産後に女性の正規雇用比率が低下するL字カーブの解消に向け、

 

・継続就業率の新たな目標の実現に向けた取組を推進
・女性の正規化を重点的に支援
・就業調整の解消
・女性に集中する子育ての負担の軽減
・配偶者の出産直後の男性の休業を促進する枠組みの検討など、男性の育児休業取得を一層強力に促進

 

などが盛り込まれました。

 

L字カーブと同様、女性の就業状況の特徴を表すものとして「М字カーブ」があります。女性の年齢別労働力率を表したグラフに見られる傾向のことです。女性の労働力率は、結婚・出産期に当たる20代後半から30代にかけて低下し、育児が落ち着いた40代以降に再び上昇する傾向にあります。これをグラフ化するとアルファベットのМの形になりますが、近年では解消されつつあります。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正理由から見る労働法の読み方]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第2回「経営者に求められる3つの役割」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第2回「視点を変える」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook