「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人材育成のツボ

お辞儀の角度がビジネスマナ―なのか?〜ビジネスマナーの再考〜

アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。(2021年10月7日)

< 1 2 >

皆さん、ビジネスマナーと聞くと何を思い浮かべますか?

 

 

 

 

 言葉遣い、お辞儀の角度、挨拶、名刺の渡し方など様々だと思います。弊社では10年以上前から、ビジネスマナー研修として毎月沢山の受講者にビジネスマナーの型をお伝えし、社会人としての基礎力を育んでいます。一方で、ここ数年の流れを見るとビジネスマナーをめぐる環境は少し変わってきているように感じます。

 

 例えば、礼儀2.0。当サイトでも「礼儀のアップデートを考える」で取り上げました。VRエバンジェリストのGOROmanさんが提唱したもので、礼儀2.0では、下記のようにビジネスマナーをとらえています。

 

<礼儀1.0>
相手を重んじる。自分の時間を犠牲にし、時間を相手のために使う。直接会う。スーツなど服装をわきまえる。

 

<礼儀2.0>
相手の時間を奪わないようにする(電話しない、リモートで済むものはリモートなど)

 

 礼儀についての定義を再度見直しており、考えさせられる内容です。もう1つ例を挙げると、弊社が運営しているオウンドメディア「ジモコロ」で次のような記事が掲載されています。

 

【了解しました】今さら聞けないビジネスマナー、基礎の基礎【承知しました】

 

 最近、ビジネスマナーへの風当たりが強いことを背景に「このビジネスマナーってどうなの?ホントなの?」など素朴な疑問について話が展開されています。

 

 ビジネスマナーとは「言葉遣い、お辞儀の角度、挨拶、名刺の渡し方」など決まった型があり、それを身に付けておけば大丈夫!という風潮があったように思いますが、その流れも少し変わってきているのではないでしょうか?

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/柴田瑛一(しばた えいいち)
株式会社アイデム 東日本事業本部 キャリア開発支援チーム/教育・研修企画担当
大学卒業後、飲食チェーン入社。店舗マネジメントを学んだ後、商業施設デベロッパーにて20店舗以上の運営・商品開発・買付業務・人材育成・研修企画など、多岐の業務に携わる。2017年、株式会社アイデム入社。店舗の現場を見てきた経験を生かしながら、教育・研修の企画提案を行っている。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第75回「簡単にだまされた人たち」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

人材育成のツボ

[研修は1つの物語だ〜ストーリー仕立てに研修を作ることの大切さ〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

おさえておきたい人事労務トレンド/飯塚知世

[第3回「HRテック導入する〜入社手続き編〜」]
人事労務に関わる業務で、知っておきたいトレンドやこれから注目されることなどについて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook