「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

ジョブ・クラフティング(Job Crafting)

人事労務に関連するワード集です。基礎的なものからトレンドまで、さまざまなワードを解説します。(2023年4月27日)

ジョブ・クラフティングとは、米イェール大学経営大学院のエイミー・レズネスキー教授とミシガン大学のジェーン・E・ダットン名誉教授がによって提唱された概念です。働く個人が仕事のやりがいや満足度を高めるために、自ら主体的・主観的に工夫を加えることを意味しています。

仕事に対して新しい見解や意見を出したり、仕事の範囲を変えたり、取り組むメンバーを変えていくことで、満足度を高めるとともに創造的な提案もできるようになります。ジョブ・クラフティングには次の3つの観点があります。

・作業クラフティング:仕事のやり方に対する工夫(例:目標設定や優先順位をつけたスケジュール管理)

・人間関係クラフティング:
周囲の人への働きかけの工夫(例:職場の先輩に自らの仕事に関するアドバイスを求める)

・認知クラフティング:
仕事の捉え方や考え方に関する工夫(例:自分の仕事が
自分の将来に与える意義を考える)

中でも、認知クラフティングが重要で、ワークエンゲージメントを向上させるための有効な手段の1つとして期待されています。

別の言葉で、ジョブ・デザインというものがありますが、これは組織や上席のものが働き外のある仕事を設計して、各従業員へ落とし込んでいくものです。ジョブ・デザインの主体は組織・上司、ジョブ・クラフティングの主体は個人です。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[5年後の平均時給を予測する]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

応募者を見極める選考基準の新常識/奥山典昭

[第5回「発言量で、重要な能力を測ることはできない」]
採用選考の常識や通念はアップデートされずに根付いているものが多く、合理性を伴わないものも少なくありません。既成概念から脱し、自社に必要な人を採用するための、新しい考え方や知識を解説します。

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

[第11回「要領が悪く仕事が遅いタイプ」]
職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook