「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標/河田俊男

第89回「入社したばかりの新人が辞めたワケ」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2023年8月22日)

< 1 2 >
 入社したばかりの新人が辞めてしまうのは、よくあることだ。過剰適応になる人もいれば、わずかの間に仕事中毒になって燃え尽きてしまう人もいる。


ミスばかりしてしまう

 看護師の資格をとった香織は、子供のころから看護師に憧れていた。きっかけは、祖母が入院していたときに親切な看護師がいたことだ。
 病院に就職するとき、看護師長に「不安もあるでしょうが、先輩たちが親切に指導するので安心してください」と言われた。彼女はこの言葉を信じて就職を決め、主にガン患者が入院する外科病棟に配属された。新人が配属されるのは珍しいが、病院は人手不足だった。看護が難しい部署だが、彼女はどんな仕事も率先してやろうとした。





 ところが看護師長の話とは違い、実際には先輩は多忙なこともあり、仕事をほとんど教えてくれなかった。一度は教えてもらうが、それだけで覚えるのは難しい。自分なりに解釈してやってみるが、ミスをしてしまう。

 また、彼女は三交代制の勤務に慣れず、いつも眠く、頭がボーッとして仕事に集中できずにいた。そんな自分の状態を誰にも相談できず、仕事を続けていく自信をなくしていった。せっかく就いた仕事だから辞めたくなかったが、精神的に限界になり、退職することにした。


ワーカホリズム

 香織は、ミスや失敗を恐れてしまう性格だった。失敗をするとその場で呆然としてしまい、すぐに対処できなくなってしまう。

 また、ワーカホリズムの可能性があった。ワーカホリズムとは仕事中毒とも訳され、意味は過度に働きすぎたり、仕事をしていないと落ち着かない状態の人を指す。就職が決まってからは、彼女は無我夢中で働いた。欠勤した人の代わりを率先して引き受け、残業や早出も買って出たが、就職してわずか4カ月で燃え尽きてしまった。

 子供のころ、香織は両親の働く姿を見て、無意識に「生きることはつらい」「仕事は生活のため」というメッセージを受け取った。そこから抜けだそうとして、仕事中毒という依存症になってしまったのかもしれない。


チームが機能していない

 香織の病院は人手不足の状態にあり、チームとして機能していなかった。コロナの影響が長引き、いまだに場当たり的な人員の配置になっており、新人の受け入れ態勢が整っていなかったと言える。そんな職場では、新人は置き去りにされた感覚になる。

 本来、病院の仕事は信頼できるチームでやるべきであり、そのためには心理的安全が確保されていなければならない。互いにメンバーの存在を尊重し、自分の思ったことが言えるようなコミュニケーションができ、スキル不足を補い合いながら協力していけることが大切である。また、働いていて楽しいと思えることも必要だ。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく


●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[新入社員が求める職場での関わり、仕事の進め方とは?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ヒトが辞めない会社の採用活動

[第5回「辞める理由は1つではなく、連鎖している」]
採用活動は、採用して終了ではありません。すぐに辞められてしまったら意味がないからです。定着・戦力化までを見据えた採用活動について考察します。

ココロの座標/河田俊男

[第95回「夜中に衝動買いをする人たち」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook