「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

静かな退職(Quiet quitting)

人事労務に関連するワード集です。基礎的なものからトレンドまで、さまざまなワードを解説します。(2024年1月30日)

コロナ禍をきっかけに、2022年ごろにアメリカから広まった概念です。実際に退職するのではなく、必要最低限の業務はこなすものの仕事への熱意が低く、会社への帰属意識が薄いことを指します。2019年から2022年にかけて、アメリカでは労働者が自発的に労働時間を減らす動きがあり、25歳〜39歳の男性が年16時間減らしたという研究結果もあります。

近年、日本では働き方改革の推進などにより、仕事に対する価値観や考えが変化しつつあります。仕事ではやりがいや自己実現を求めず、趣味や自分の学びを追求したり、家族や友人と過ごす時間を大切にしたいという人が増えています。そうした社会的な風潮と、「静かな退職」はリンクしていると言えます。キャリアや成長のために一生懸命働くのではなく、プライベートを優先させることから「がんばりすぎない働き方」とも訳されるようです。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[新入社員が求める職場での関わり、仕事の進め方とは?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ヒトが辞めない会社の採用活動

[第5回「辞める理由は1つではなく、連鎖している」]
採用活動は、採用して終了ではありません。すぐに辞められてしまったら意味がないからです。定着・戦力化までを見据えた採用活動について考察します。

ココロの座標/河田俊男

[第95回「夜中に衝動買いをする人たち」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook