「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと

5年後の平均時給を予測する

個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。(2024年2月8日)

< 1 2 >
東西エリア全体平均時給は1,200円を超えてきている

 アイデムでは、弊社媒体を利用して公開された求人情報をもとに、毎月パート・アルバイトの平均時給レポートを公開しています。最新号(2024年1月集計)では、次のような結果になりました。

<平均時給>
東日本エリア1,240円(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県)
西日本エリア1,287円(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、福岡県)

 時期や年にもよりますが、平均時給は少しずつ、確実に上がってきています。平均時給が1,200円になっているなんて、普段気にしない方には驚きかもしれません。勿論「専門・技術職」といった、賃金の高い仕事も含まれますから、まだまだ「仕事によって」という部分が大きいです。ですが、今や東京都の最低賃金は1,113円(2024年2月現在)。1,200円は「高くない」金額になってきています。





今から5年後の平均時給は…?

 昨年、岸田首相は2030年代半ばまでには全国加重平均が1,500円になることを目指す、と表明しました。昨今の物価状況を鑑みた賃上げの影響もあり、これからも、平均時給があがっていく事は容易に想像できます。そうなってくると、来年になったら(まだ年が明けたばかりですが)どのくらいになっているのだろうか、5年後はどのくらいになっているのだろうか、ちょっと気になりませんか。

 そこで今回は、「もし、これまで通りに平均時給があがっていった場合どうなるのか」を、アイデムで蓄積した2018年以降のデータを使用し、職種別の平均時給の目安を出してみました。あくまで過去の傾向を踏まえた将来予想になるので、政策や情勢等を考慮したものではありません。予めご了承ください。
 使用したデータは次の通りです。

<予測データ概要>
集計期間:2018年1月〜2024年1月
予測期間:2024年2月〜2028年12月

雇用形態:パート・アルバイト
賃金形態:時給
集計地域:東日本エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、静岡県の全体計)
     西日本エリア(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、福岡県の全体計)

集計データ:各月平均値のみ
職種:販売・接客サービス職、事務職、飲食サービス職、製造関連・ドライバー職、清掃・メンテナンス職

集計媒体: 2018年2月…新聞折込求人紙「しごと情報アイデム」、求人フリーペーパー「ジョブアイデム」
     2018年3月〜…求人メディア「イーアイデム」、採用ホームページ構築サービス「Jobギア採促」

勤務時間帯:/写襦22時〜翌5時)を除く全時間帯
      働くスタイル「深夜ワーク」を設定しているものを除く
※,両霾鵑蓮⊇厳彷淆里鯤儿垢靴燭燭瓠現在の集計対象に合わせて再集計をしています

 予測には、近似曲線の線形近似を使用しました。近似曲線とは「もっともらしい線」といって、「どの月の平均値にも最も近い線を引いたもの」ととらえてください。時間を横軸(X)、毎月の平均時給を縦軸(Y)とし、どの値からも最も近いもっともらしい直線を導き、将来どの時点でどの程度の平均時給になるかを確認しました。
※最新号のみ、会員登録(無料)なしで閲覧いただけます


●文/関 夏海(せき なつみ)
2014年、株式会社アイデム入社。東日本事業本部データリサーチチーム所属。パートタイマー募集時時給等の賃金統計や、弊社サービス会員向けの各種アンケート調査の企画・分析などを主に担当。雇用の現状や今後の課題についての調査を進める一方、Webサイトのコンテンツ・ライティング、労働市場に関する情報提供、顧客向け法律情報資料などの作成・編集業務も行っている。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[新入社員が求める職場での関わり、仕事の進め方とは?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ヒトが辞めない会社の採用活動

[第5回「辞める理由は1つではなく、連鎖している」]
採用活動は、採用して終了ではありません。すぐに辞められてしまったら意味がないからです。定着・戦力化までを見据えた採用活動について考察します。

ココロの座標/河田俊男

[第95回「夜中に衝動買いをする人たち」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook