「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

第2回「部下から“がん”になったと言われたら」

働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。(2024年5月21日)

< 1 2 >
 あなたは、部下に突然「病院でがん告知を受けました」と言われたら、どう対応しますか?

 国立がん研究センターの2019年の調査によれば、生涯がん罹患リスクは男性が約65.5%、女性が約51.2%となっています。これは男性でも女性でも生涯のうち、2人に1人ががんに罹患する可能性があることを示しています。もはや、がんの罹患は他人事ではありません。今回は、部下からがんになった報告を受けた際の適切な対応について考察します。





■今回の事例
 病院でがん告知を受けた営業職のAさん(38歳・男性)は、B係長(42歳・男性)に時間をもらいました。Aさんは「お時間をいただき、ありがとうございます。実は、先日の健康診断で胃がんであることが分かりました…」と相談を始めたところ、B係長が「君の担当はどうするの? いつから休むの?」と言いました。この対応は適切でしょうか?


■解説
部下の話をしっかり聞く

 Aさんは勇気を振り絞って、B係長に胃がんであることを報告しました。そのとき、第一声で「君の担当はどうするの? いつから休むの?」と言われたら、相談したことを後悔するかもしれません。
 会社は仕事をするところであり、滞りなく業務を進めていくことは大切です。しかし、今回のケースは命に関わることであり、仕事よりも大事なことと言えます。部下にがんにかかったことを告白されたときは、まずは部下の話をしっかり聞くことが大切です。

 一般的に、がんの告知を受けると、精神的なショックにさいなまれ、それによって適応障害などの精神疾患を発症するリスクも高まります。そのため、相手の気持ちに寄り添うことが大切です。まず「病気の報告をしてくれてありがとう」と伝え、部下の話をじっくり聞きましょう。

 その際、プライバシーが保たれる保証がなければ、安心して話してもらうために人に聞かれないところに移動します。面談は部下の体調やメンタルの負担などを踏まえ、1時間以内に終えるように心がけましょう。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>


●文/山田真由子(やまだ まゆこ)
山田真由子社会保険労務士事務所代表。特定社会保険労務士、公認心理師、キャリアコンサルタント。26歳のときに3度目の受験で社会保険労務士に合格。さまざまな業種にわたり、約15年のOL 生活を経て、2006年12月に独立開業。現在、「誰もが輝く職場づくりをサポートする」をミッションとして活動している。経営者や総務部担当者などから受けた相談件数は延べ10,000件以上、セミナー登壇は1,500回以上を数える。著書に『外国人労働者の雇い方完全マニュアル』(C&R研究所)、『会社で泣き寝入りしないハラスメント防衛マニュアル部長、それってパワハラですよ』(徳間書店)、『すぐに使える!はじめて上司の対応ツール』(税務経理協会)。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2024年10月法改正・社保適用拡大、求められる企業の対応]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

怒りを笑いに変える!クレーム対応/谷厚志

[第3回「お客様の“良き理解者”を目指す」]
カスタマーハラスメントに悩まされる企業が増えています。元タレントの異色コンサルタントが、独自のクレーム対応を解説します。

デキル人が辞めない15分マネジメント/岡本文宏

[第3回「離職を防ぎ、コミュニケーションを活性化させる質問スキル」]
マネジメントに時間を取れないプレイングマネジャーに向けて、15分で完結できるマネジメント手法をお伝えします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook