「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

【企業に聞く】人が活きる組織

株式会社Macbee Planet/入社1年で子会社の社長に抜擢! 会社と個人の夢・目標を実現する

やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。(2024年7月2日)

< 1 2 3 >
■会社概要
本社所在地/東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル4F,5F
設立/2015年8月
資本金/26億3,587万9,430円(2024年4月末現在)
事業内容/LTVマーケティング事業


 株式会社Macbee Planetは、ユーザー(消費者)が生涯にわたって企業にもたらす利益を最大化するLTV(Life Time Value)マーケティング支援を手掛けているベンチャーである。「夢・目標を共に実現し続ける組織に」の理念に基づき、社員一人ひとりの夢・目標と会社の目標をリンクさせる独自のカルチャーを築いている。

 その一環として、社員のチャレンジを奨励するとともに、資質のある社員を抜擢。「ポジションが人をつくる」という哲学で人材を育成して成長を続けている。設立5年目の2020年3月の東証マザーズ市場(現・東証グロース市場)への上場も果たしている。2024年版「働きがいのある企業」の小規模部門の9位にランキングされている同社の組織運営について、代表取締役社長の千葉知裕さんに話を伺った。


―御社のサービス内容や特長からお教えください。

 
1人の消費者が、生涯にわたってある企業の商品やサービスを利用し続け、その企業にもたらす利益のことを“Life Time Value”(LTV:生涯価値)と言います。当社は、Web上でこのLTVを最大化する“LTVマーケティング”を提供しています。

 LTVとは、一消費者が「何回、一回当たりいくら購入するか?」によって決まります。当社は、テクノロジーの力によってWeb上における消費者の行動データを分析し、LTVを予測した上でLTVの高い消費者をクライアントのECサイトなどに集客します。さらに、集客した消費者に対してLTVを予測以上に高める接客をWeb上で行う支援サービスを提供するというものです。このために、データ分析に特化したWebホスピタリティツール『Robee』を独自開発しています。

 なお、当社は実際にどれぐらい成果を上げたかで対価をいただく成功報酬制を採用しています。このため、質の高いマーケティング支援をご提供できていると自負しています。



代表取締役社長 千葉知裕さん


―御社は、「2024年版『働きがいのある企業』ランキング」小規模部門で9位に入賞されていますが、組織風土づくりの指針とはどういったものでしょうか?

 当社は、創業者が「マーケティング会社を起業して株式上場を果たす」という目標を掲げてスタートし、5年半で実現させました。ここから、「夢・目標を共に実現し続ける組織に」という理念を掲げ、社員一人ひとりの夢や目標と会社の夢・目標をリンクさせ、成長に繋げることを最重視しています。つまり、社員の自己実現を会社が最大限に支援し、社員の自己実現によって会社が成長し目標達成に繋げるという関係づくりに力を入れているということです。
※最新号のみ、会員登録(無料)なしで閲覧いただけます
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[イマドキの若手は何を考えているのか?〜Z世代による、Z世代との関わり方〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第4回「発達障害の可能性がある人がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第100回「やりたい仕事が分からない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook