「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの心得/田中和彦

第23回 「他責スタンス」の部下にどうアプローチするか?

現場マネジャーに向けて、リーダーとしての心構えやマネジメントの手法などを解説します。

< 1 2 >

自分から動こうとしない部下

 

 アメリカの精神科医ウィリアム・グラッサーは、「すべての行動は自らの選択である」と考える「選択理論心理学」の中で、ヒトの活動の4つの要素として、「行動・思考・感情・生理反応」をあげています。この4つを、「行動・思考」と「感情・生理反応」に分けた場合、違いは何になるでしょうか? あなたは、お分かりになりますか?

 

 「行動・思考」は、コントロールが可能なもの。つまり、変えられるものです。一方の「感情・生理反応」は、コントロールしにくいもの。変えにくいものです。ほかにも、変えられるものとして、「未来」や「自分」、「身の回りの環境」があげられ、変えにくいもの、変えられないものには、「過去」や「他人」、「自然環境(天候)」、「経済環境(景気)」などがあります。

 「景気が悪いのだから仕方ない」、「取引企業のほうに責任がある」、「お客さんに見る目がなかった」などと、自分ではどうしようもないことに原因を探して、自身の非を認めないのが、「他責スタンス」の人です。

 

 この手のタイプは、責任転嫁がクセのようになっていて、自分の力で何とかしようということをせず、修正すべき点も見失いがちです。さらには、自らを反省しないので、同じ過ちを何度でも繰り返すのです。

 アマチュアのゴルファーが、「風が強いからOBになった」、「雨の翌日は芝目が遅くて、パットをはずしやすい」など、あれこれ理由をつけて、言い訳しているようなものです。こういう人は、ロングホールを2オンで攻めた場合に、バンカーにつかまると、きまって「アイアンのクラブで刻めばよかった」と、済んだことをブツブツと愚痴って、悔やむのをやめません。

 

 プロゴルファーは、そもそも言い訳などしませんし、果敢に攻めて、結果的に池ポチャになったとしても、過去を悔やむよりも、どう池からリカバリーするかという未来に目を向けます。プロのアスリートはもちろん、経営者やプロフェッショナルと呼ばれる人たちは、原則的に「自責スタンス」で生きています。

 「自責スタンス」の人は、困難な状況にあっても、自らの力でそれを変えようとするのです。

 

 

当事者としての自覚を促す

 

 「他責スタンス」の部下の特徴は、第三者的な発言が多いということです。「こんな短い納期では、求められる水準のクオリティーなんて無理に決まっていますよ」とか、「やっぱり、こんな複雑な条件の仕事は最初から割に合わなかったんです」などと、自分自身は高みの見物的な場所にいて、評論家のような物言いをしがちです。

 当事者意識を持たずに、常に第三者的な立場をとっていれば、自力で何とかしようという行動には移せませんし、どんな仕事をやっても成長は望めません。当事者にならなければ、いくら鋭いことやいいことを言ったとしても、何の解決にもならないのです。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)など多数。
連絡先:info@planet-5.com

< 1 2 >

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マチガイだらけの社員教育

[【事例】定着と成長をサポートする若手社員研修]
社員教育を行うときに考えておきたいことや注意したいこと、心に留めておきたいことなどをお伝えします。

しごとごはん/中野ヤスコ(管理栄養士・調理師)

[カルシウムで心身ともに「強く」なる]
働く人の体やメンタルの不調を改善したり、健康を維持するための食事やレシピなどを紹介します。

シゴトの風景

[第111回「仕事ができる人」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook