「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第14回「移転ストレス症候群」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

< 1 2 3 >

 春は入学や就職、転勤などで転居の多いシーズンである。転居は慣れている人でも、疲れるものだ。初めて転居する人の中には、ホームシックになったり、ストレスでうつ病になる人もいる。

 

 

 

都会から田舎へ

 

 35歳の友紀子は夫の転勤を機に、都内の狭いマンションから田舎にある庭の広い住宅に引っ越した。新居で好きな犬を飼って、楽しい生活を夢見ていたのだ。

 

 

 ところが、転居して3週間ごろから、夕方になると寂しい気分に襲われるようになった。特にきれいな夕日を見たときには、自然に涙が出てきた。どうしてそんな状態になるのか、理解できないうちに夜も眠れなくなってきた。不眠が続くと、昼は情緒不安定になり、イライラしたり、不安感に襲われるようになった。

 

 そこでバイクを買って、東京に出掛けてみた。以前住んでいた街や銀座、新宿、渋谷などの繁華街を訪れると、心が落ち着いた。しかし、帰り道は、家に近づくにつれて気分が暗くなっていった。

 また、友紀子は毎日のように夫に不安を訴えていた。夫まで情緒不安定や不眠に陥り、仕事にも集中できず、やがて欠勤するようになった。

 

 

 

沖縄から上京

 

 沖縄出身の博之は専門学校を卒業後、上京して自動車の整備工場に勤めることになった。子供のころから東京での生活が夢で、有頂天になった。

 

 しかし、東京での暮らしは想像とは違った。生まれた土地の言葉で話せないことや、沖縄の家族や親友に会えないことなどからホームシックになった。また、仕事では高度な専門知識とスピードが求められ、博之は焦った。次第に集中力や注意力がなくなり、ミスをするようになった。自動車の修理は安全に関わるので、ミスは許されないというプレッシャーもあり、食欲がなくなり、不眠も続くようになった。

 そしてある日、限界が訪れた。突然工場に行けなくなってしまったのだ。

 

 

 

移転ストレス症候群

 

 友紀子や博之も、愛着ある家族や友人、故郷の風景などを一時的に喪失したことで、対象喪失といわれる状態になった。慣れ親しんだものを一時的に失ったことで、悲哀反応が出てしまったのだ。そして新しい環境への適応ができなくなり、自分をコントロールする能力を失ってしまった。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[“子どもは欲しくない”アラサーが増加!?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第9回「労使協定」届出の重要性について]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第9回 学習支援〜実演する・説明する・実行させる・評価する(1)〜]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook