「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

第8回 教え方には「型」があるんです

パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

< 1 2 >

★今月の問い

新人パートアルバイトさんに、「どうやって」教えていますか?

 

 パートアルバイトさん不足の現場に行くのが私の仕事。先月お伺いした東北地方の小売業さんは、福島第一原発の影響がまだ深く残る海側の地域。求人を出しても応募がなく、お困りでした。数店舗の現場を見させていただいて、翌日の店長研修会で、あと一歩求人の工夫をお願いしました。すると、2週間後に取締役の方から連絡をいただき、「応募が増えてきました!」とのこと。よかったです。

 

 とはいえ、地域によっては原発の影響でまだまだ求人に苦戦する地域もあり、全店で解決したわけではないかもしれません。引き続き応援していこうと思います。ここの店長さんにもお話しした求人改善技術は、本連載のバックナンバーをご覧ください。
さて、今月の問いにみなさんはどう答えますか。問いは、すぐ辞められないように「新人パートアルバイトさんにどうやって教えていますか?」です。

 

 「どの仕事から教えるか」という教える仕事内容については、前回お話ししました。今回は、それを「どうやって教えるか」という教える技術の話です。

 

●今月の答え
「準備」→「やってみせる」→「やってもらう」→「フォローアップ」の4ステップで教えます。

 

 この「教え方の基本パターン」さえ身につけば、清掃、接客、売り場づくり、製造、子育て、すべてに応用がききます。この4つのステップを「飲食店のテーブルふき」を例に、いつも私がライブでお伝えしている内容を、具体的に下記に記しますね。

 

 

 

 

【ステップ1】準備

 教えるための場所、手順、道具の準備をしておきます。それから新人さんに、まず「なぜ、これをするのか?」の目的を説明します。飲食店で客席のテーブルをふく仕事ならきれいにするだけではなく、「お客さまの忘れ物がないか、を確認する」「客席を早くきれいにして、お待ちのお客さまをご案内できる状態をつくる」といった目的があります。一番最初に「なぜ、これをするのか?」を、その店ならではの意味を教えます。

 

【ステップ2】やってみせながら説明する
 注意点やコツ、ポイントになる部分を、目の前で実際にやってみせます。見せながら、少し解説を上乗せします。くどい説明はいりません。シンプルにやってみせることがメインです。ポイントだけ少し言葉を加えます。

 

【ステップ3】やってもらう
 このときに新人さんに「伝えたポイントをぶつぶつ言いながらやってもらうこと」がポイントです。トレーニングは「技術をまねして再現してもらう」ことです。黙ってやられると「分かったのかどうか?」が分かりません。新人さんに「私に教えるつもりで、ポイントをしゃべりながらやってみて」と言うことで、内容を分かってもらえているかどうかを確認できます。 

 

 できたところは、「いいね!」とその場で褒めます。新人さんは自信がないので、認めてもらえる回数が増えると「こういうやり方でいいんだ」と、覚えていく元気が出てきます。駄目なところは「いいね、でもそこが惜しい! もう1回やり直そう」というと、落ち込まないでやり直してもらえます。「あ〜、全然ダメだね!」というと自信をなくしてしまいます。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/赤沼留美子(あかぬま るみこ)
有限会社スマイル・ラボ パートアルバイト労働総合研究室代表。パートアルバイトさん専門マネジメントコンサルタント。
1995年、津田塾大学卒業後、株式会社ファミリーマート入社。店舗勤務を経て、当時5,000店10万人のパートアルバイトさんマネジメントのしくみ(オペレーション基準・採用・現場訓練・評価)づくりと普及業務に約10年携わる。2005年独立。苦学生時代の豊富なアルバイト経験(20 種類超)と、前職で培ったノウハウとを活かし、パートアルバイトさんを主戦力とする企業のサポート活動を行う。顧客企業は宝飾品販売店(400店)、レンタカー(800店)、雑貨店(50店)、スーパー(40〜200店)、コンビニ(300店)など多岐に渡る。小学生3人の母。
http://part-soken.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

アイデムオリジナル調査

[パート採用の成否は、職場のムード(雰囲気)しだい?]
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第20回「育休明けの時短勤務社員に対しては、生活を守り切る姿勢を」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第8回「育成ゴール」に向けてどんな仕事を与えるか?]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook