「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

【企業に聞く】人が活きる組織

株式会社ウィルウェイ(馬渕教育グループ)/コアバリューは授業品質の向上 生徒数増を続ける学習塾

やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

< 1 2 3 >

■会社概要

ホームページ/ www.willway.ne.jp

 

 

 

 少子化で縮小する市場は多い。学習塾などの教育産業はその筆頭といえる。そんな厳しい業界にあって、売上高・生徒数ともにこの10年来、右肩上がりの成長を続けている企業がある。学習塾や英会話スクールなどを運営する株式会社ウィルウェイで、生徒数においてはここ数年毎年10%以上増加という目覚ましい成長を重ねている。

 

 淘汰される塾が少なくない中、なぜ同社は発展し続けているのだろうか。常務取締役で、人事部部長の米山貴行さんに話を聞いた。

 

 

 

―縮小する市場で成長を続ける秘訣は、どこにあるのでしょうか?

 

 授業品質へのこだわりです。営業力か商品力か、どちらを強化すべきか、という議論がありますが、当社の場合、商品力を高めることに圧倒的に注力しています。教育業界において一番大切なのは内部顧客。今、通ってくださる生徒とその保護者です。そのみなさんが、「馬渕に通って本当に良かった」と感じていただくことを最重要視しています。

 

 顧客満足という言葉がありますが、当社では満足を超えた顧客感動の創造を目標においています。

 

 

 

―塾の指導というと、講師による属人的なスキルを想像します。塾にとって商品力を高めるとは、どういうことでしょうか。

 

 高品質の授業をどこでも受けられるようにすることです。そのためには講師の質を高めることに尽きます。そこで、教務研修はもちろんのこと、ビジネスパーソン研修をはじめ、職位に応じた研修を約40種類以上、年間を通じ、実施しています。

 

 研修とマニュアルは、人材育成の両輪で、どちらも必要なものです。しかし、マニュアルに頼りすぎると、誰でもできることから人材の質が低くなる傾向があります。当社が研修を重視する理由はそこにあります。マニュアルを比較的緩くし、技術を伝えることにとどめています。模擬授業をはじめとしたさまざまな研修の機会、すなわちライブの中でしか身につかないものこそが、講師の人間性や個性と呼ばれるものであり、それが教務力と合わさって顧客感動につながるからです。

 

 私は新卒入社の役員で、この会社で育ってきました。馬渕教育グループとして事業を多角化する以前から、人を育てることが芯にある会社です。

 

常務取締役・人事部部長 米山貴行さん(ワンフロア、社長、役員も含めフリーアドレスの本部オフィスにて)

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正労働契約法「無期転換」への準備はできていますか?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社ウィルウェイ(馬渕教育グループ)/コアバリューは授業品質の向上 生徒数増を続ける学習塾]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

monthly労働時事トピックス

[転職賃金相場2017〜民間人材サービス業界初〜]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook