「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第72回「職場にウソをついた理由」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

< 1 2 >

 堀越真知子さん(仮名・25歳)は、大手のハウスメーカーに新卒で入社して3カ月目で「失敗した」と思ったという。

 

 

「体育会系の会社で、社内の飲み会が週に4、5回はあるんです。行かないと翌朝“お前、昨日どうして来なかったんだ”と詰め寄られます。営業職なので、取引先との飲み会であれば割り切れます。でも、同僚との飲み会で、ほぼ毎日終電はキツいですね…。何度も辞めようと思いましたが、3年以内に自己都合で辞めると職歴に傷がつくと思い、我慢していました」

 

 

 堀越さんはリフォーム部門の営業で、給与はよかったという。

「うちの会社で家を建てた個人宅に、片っ端から電話をかけてリフォームを提案します。受注に至ると、給与に反映されます。大卒1年目なのに、月給で手取りが40万円近くのときもありました。同居している両親に“どんな会社なの?”と心配されたほどです」

 

 

 

 

 だが、社内の飲み会は日増しに苦痛になっていった。飲めないわけではないが、脂っこい物を食べざるをえなくなり、肌にも悪く、体重も増えた。

「営業部の中で、女性は私1人だけでした。頼まれたら断りづらい性格で、加えて受注件数も増えていたので、むやみに断ると“調子に乗っている”みたいに思われるのが嫌だったのです。おかげで、平日の夜は完全につぶれました。土日も、アポが取れた個人宅に提案に行くことが多いので、休みは少なかったです」

 

 

 休みが取れないことよりも、会社の飲み会のほうが苦痛だった。

「飲み会で飲まされたり、同僚たちの下品な話を聞いたり、酔った勢いでセクハラまがいのことをされるのが本当に嫌でした。キャバクラやスナックに連れて行かれたこともあります」

 

 

 会社の風土や社風といったものは、入社前には分からない。

「土日の夕方、会社のグループラインのメッセージが来て“いま新橋の居酒屋。20時に集合”なんていうこともあります。友人に相談すると“いつもおごってもらえてラッキーじゃん。営業なんだし、そこは我慢するところ”と言われましたが、ストレスで生理が止まることもありました」

 

 

 堀越さんはこのままでは健康をそこね、プライベートも台無しになると焦った。だが3年以内の退職はどうしても気が引ける―そこで苦肉の策に出た。家族に協力してもらい、夜の飲み会に参加しないで済む口実を作り出すことにしたのだ。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第75回「胸が痛くなった原因」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第3回「緊急度が低く、重要度が高いものに取り組む方法」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[居心地の良い職場をつくる「人間関係の良さ」とは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook