「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

【企業に聞く】人が活きる組織

株式会社バーテック/「全員参加型経営」の浸透で、生産性アップを実現

やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

< 1 2 3 >

ホームページ/ www.burrtec.co.jp/

 

 

 社員一人一人が経営者目線を持ち、主体的に仕事に関わり、仕事環境をより良いものへと変えていく「全員参加型経営」は、経営者にとっても社員にとっても望ましいスタイルの1つであることは疑いありません。具体的にどのように取り組んでいったらよいのでしょうか。「全員参加型経営」を目指す株式会社バーテックの末松仁彦社長に、同社が実践している具体的な取り組みと、その効果についてお聞きしました。

 

 

 

―まず会社の概要から教えてください。

 

 バー(Burr)は厄介な問題という意味で、テックはテクノロジーです。社名には、お客さまの課題を技術力で解決する、ソリューション型企業でありたいという想いを込めています。

 

 設立から今年で56期を迎え、その間、ブラシをコア技術とし、応用範囲を広げ、成長してきました。塗装用の刷毛やブラシからスタートし、機械の進化とともに工業用ブラシの数々を展開してきました。その後、食品工場に特化したさまざまな特性を備えたブラシを開発し、異物混入防止策を施したものや、防虫や忌避効果を高めるシャッターやドアなどの隙間につけるブラシ状の商品は、市場から大きな支持をいただいています。

 

 国内だけでなく海外市場でも販売しており、大きな手応えを感じています。現在は、提案営業と開発に集中するファブレスメーカーです。

 

 

3代目社長の末松仁彦さん。本社ビル1階のショールームにて

 

 

―「全員参加型経営」についてお聞きします。いつごろから取り組まれているのですか?

 

 祖父、父から引き継いだ社長職に私が就き、10年となります。高度成長期はトップダウン型の経営でした。2003年、当時社長だった父がコーチングに出会い、マネジメントに導入したことが、大きな転換期といえます。

 

 5年後の2008年に私が社長に就任し、社員と共有するために、経営理念を文章化していきました。4年前に「バーテックフィロソフィ」としてまとめ、毎年改定しています。グループウェアを使って会社全体で共有してきたのですが、昨年から小冊子にしました。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[クレームを引き寄せない人づくり]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第79回「アラフォーの転職」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第1回「評価制度はうまく機能していますか?」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook