「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと

男性の育休取得は、どこまで進むか?

日々流れてくる労働関連の多彩なニュース。本コーナーは、アイデム人と仕事研究所の所員が、そうしたニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

< 1 2 >

男性8割弱が育休取得希望

 

 2月16日、日本生産性本部は「2017年度新入社員 秋の意識調査」の結果を発表しました。調査によると、「子供が生まれたときには育児休暇を取得したい」との問いに、男性の79.5%が「そう思う」と回答しました。質問をはじめた2011年から、春秋通じて過去最高となっています。同調査は1991年より継続的に行っており、今回が27回目。集計対象は、2017年春・秋に実施した日本生産性本部主催の新入社員教育プログラム等の参加者190人です。

 

 

 

 

 

ワーク・ライフ・バランスを重視

 

 若い人たちが仕事よりも生活を重視する傾向は、当社の調査でも明らかになっています。当社が実施した就職活動に関する学生調査では、キャリアを選択する際、男女ともにワーク・ライフ・バランスを重視していることがうかがえる結果が出ています(2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査/2017年3月1日状況)。

 

 また、「育児休業」「時短勤務」「残業の免除」など、育児のための制度について、将来的な利用意向も聞いた調査で、女子学生はそれぞれについて約9割が「利用したい」と回答。男子学生も「育児休業」49.5%、「時短勤務」49.8%、「残業の免除」56.1%が、「利用したい」と回答しています(2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査/2016年6月1日状況)。

 

 志望企業を選定する際、「育児・介護支援」の状況を「重視する」と回答した男子学生が30.3%に上った調査結果もあります(2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査/2017年2月1日状況)。

 

<参考>就活男子も「育休」重視

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/三宅航太
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信する「人の戦力化」に関するコンテンツの編集業務に従事する。さまざまな記事の作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[クレームを引き寄せない人づくり]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第79回「アラフォーの転職」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第1回「評価制度はうまく機能していますか?」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook