「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第26回「妻が万引きをした」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

< 1 2 >

 書店やスーパー、コンビニで働く人たちにとって、万引き犯は身近な存在だ。子供から老人まで、万引きをする人はさまざまである。彼らはどうして万引きをするのだろうか。

 

 

 

万引きをする妻

 

 28歳の智也は、配送の仕事をしている。街道沿いのそば屋で昼休憩をとっていると、妻の友里から電話があった。電話に出るなり、友里は「万引きで捕まったの」と言った。智也の頭は真っ白になった。捕まったのは隣町のスーパーで、警察には突き出されず、誓約書を書いて帰されたという。

 

 智也は自宅に帰ると、友里の話を聞いた。友里は「実は、今までもコンビニとか、スーパーで万引きをしていたの」と言った。「どうしても万引きをしたくなる気持ちが抑えられなくて、悪いと分かっているのにやめられない」と号泣した。

 

 

 

将来への不安

 

 友里と智也は友人の紹介で出会い、半年で結婚を決めた。友里は専業主婦に憧れていて、結婚で夢がかなうと思っていた。ところが、いざ結婚してみると智也の収入だけでは生活できず、不安になった。共働きも考えたが、子供を生んで育てるとなると働き続けられるのか、不安だった。

 

 友里はすっかり気持ちが落ち込み、仕事まで辞めてしまった。そんなとき、コンビニで安い化粧品をつい万引きしてしまった。興奮で気持ちが高ぶり、生きている実感がした。これまで体験したことのない感覚だった。それから罪の意識を感じつつも、時々万引きをするようになった。

 

 

 

 

夫を殴る妻

 

 亜季は、夫を殴ってしまうことで悩んでいた。あるとき、夫のすることなすことが気に障り、殴ってみたらいい気分になった。夫は普通のサラリーマンで、不倫やギャンブルに狂うなどの問題行動があるわけではなかった。

 

 亜季は夫を殴りたくなる気持ちが分からず、「もしかしたら精神病にでもなったのではないか」と自分が怖かった。思いつく原因といえば、夫が父親よりも頼りない男性と思えたことくらいだった。

 

 亜季の父親は、中小企業の経営者で、マンションをいくつも建てるなど、着実に資産形成をしてきた男性だった。頼りがいのある男性であり、父親だった。子供のころから、そんな父親を見ていたので、自分の夫がとても頼りない男性に思えていた。

 

 

 

理想と現実

 

 友里や亜季には、それぞれ理想があった。専業主婦を夢見ていた友里は、友人たちがSNSで子供の様子を画像でアップしているのを見て、自分の生活とのギャップにうんざりしていた。

 

 一方、亜季は子供のころから不自由のない生活をしてきたが、結婚してからの暮らしぶりにうんざりしていた。小さなアパート住まいで、好きなように物を買えないことなどが夫の責任に思えた。それで暴力を振るってしまったのだ。彼女たちは夢と現実の間で、苦しんでいたようだ。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2019年4月から年次有休の取得義務化]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第21回 時間外労働の上限規制(1)]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第32回「視線に耐えられない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook