「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第29回「熱中症から“うつ”に?」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2018年8月29日)

< 1 2 >

 最近、日本の夏は猛暑、酷暑になっている。熱中症には、十分に気をつけなければならない。特に子供や高齢者は、症状が重ければ死の危険すらある。炎天下で仕事をする人は、しっかり対策をする必要がある。

 

 

新人が熱中症に

 

 35歳の太一は、屋根のリフォーム会社に勤務して10年になるベテランだ。その日は朝から暑く、新人2人を連れて現場に向かった。昼に35度を超えるという予報があり、2人には熱中症に気をつけるように声をかけた。

 

 午前中は、なんとか予定の工程をこなした。ところが、昼食のときに新人の1人が体調を崩した。彼は朝から頭痛や立ちくらみがしていたが、よくあることなので「気にしていなかった」という。休憩させても具合がよくならなかったので、病院に連れていった。すると、医師に熱中症と診断され、病院で様子を見ることになった。

 

 それからは熱中症に注意して作業をし、無理をしないようにした。誰も熱中症にならなかったが、しばらくすると太一は体調が優れず、仕事を休むようになった。朝から気力がなく、うつ病になってしまったのではないかと不安になった。

 

 

 

 

 

定年後の仕事

 

 定年を迎えた幹雄は、うつ病にかかっていた。発端は、退職で環境が大きく変化したことや、社会的なつながりがなくなってしまったことなどがあった。通院しており、薬も処方されていた。

 

 そんなある日、インターネットで警備員の募集を知った。幹雄には、社会の役に立ちたいという思いがあった。高齢の自分でも雇ってもらえるのではないかと考え、早速面接に行くと採用された。研修を終え、建設や道路工事の現場に派遣された。

 

 その日、昼は38度にもなるという予報で、会社からは熱中症に注意するように言われていた。現場に出勤する前、幹雄はペットボトルの水を買い求めた。ところが昼ごろ、急に体調が悪くなり、勤務中に倒れこんでしまった。幹雄は、救急車で病院に運ばれた。重い熱中症になってしまったのだ。

 

 炎天下での仕事に慣れていない幹雄は、水を飲むことを意識しておらず、仕事中はペットボトルを携帯していなかった。熱中症になったとき、幹雄は体がけいれんして、軽い意識障害を起こした。そんな経験をしたので、警備員の仕事は辞めることにした。

 

 

問題はなにか?

 

 太一は完全な夏バテで、医師から自律神経失調症と診断された。熱中症には気をつけていたが、作業中に体を冷やしたり、サングラスをするなど、紫外線の予防対策をまったくしていなかった。酷暑の中、連日強い紫外線を大量に浴び続けながら作業をしていたので、疲労していた。その疲労が蓄積し、自律神経失調状態になった状態を、うつ病と勘違いしたのだった。

 

 一方、幹雄は抗うつ薬を処方されており、倒れた日も飲んでいた。また、汗をあまりかかないタイプで、普段から頻繁に水を飲むほうではなかった。
 精神薬を服用している人は、熱中症にとってハイリスクだ。熱中症で死亡するリスクが、普通の人よりも30%高くなってしまう。また、幹雄は発汗しにくい体質で、熱を放出しにくく、薬が高体温を誘発する可能性もあった。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[まだ市場にいる「未活用」な働き手]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

シゴトの風景

[第80回「本部と現場に振り回されて」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[「指導」と「育成」]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook